深浦駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
深浦駅
駅舎(2012年6月)
駅舎(2012年6月)
ふかうら
Fukaura
横磯 (5.5km)
(3.9km) 広戸
青森県西津軽郡深浦町大字深浦字苗代沢41
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 五能線
キロ程 66.9km(東能代起点)
電報略号 フウ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
69人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1934年昭和9年)12月13日
備考 業務委託駅
みどりの窓口
テンプレートを表示
駅構内(2008年5月)

深浦駅(ふかうらえき)は、青森県西津軽郡深浦町大字深浦字苗代沢(なわしろざわ)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)五能線

五能線の要衝となる駅である。普通列車は当駅を境に運転系統が分かれる。臨時快速リゾートしらかみ」の全列車が停車する。2014年3月14日までは、快速「深浦」の起終点だった。

歴史[編集]

改装前の駅舎(2008年4月)
  • 1934年昭和9年)12月13日:開業。
  • 1963年(昭和38年)4月1日:早朝に駅付近が大火に襲われ駅舎にも類焼し、焼失する[1]
  • 1964年(昭和39年)3月:駅舎再建完成[1]
  • 1980年(昭和55年)9月20日:貨物扱い廃止、旅客駅となる[2]
  • 1984年(昭和59年)2月1日:荷物扱い廃止[2]
  • 1987年(昭和62年)4月1日:国鉄分割民営化により東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅となる。
  • 2007年平成19年)4月1日:国内旅行取扱を廃止。
  • 200X年:ホーム上にエアコン付き待合室設置。
  • 2010年(平成22年)4月1日:大間越駅 - 風合瀬駅間各駅管理権限を五所川原駅に移管、自駅のみの管理となる。
  • 2019年(平成31年)4月1日:業務委託化。深浦駅長が廃止され、五所川原駅長管理下となる。

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地上駅

五所川原駅が管理し、JR東日本東北総合サービスが受託する業務委託駅。早朝・夜間は係員不在となる。

みどりの窓口(営業時間:7時20分 - 16時40分、途中で営業を休止する時間帯あり)、自動券売機が設置されている。キオスク跡に深浦町観光協会の観光案内所(開所時間:10時00分 - 16時30分)がある。駅構内には転車台があったが、2005年ごろに砂利が敷き詰められて使用できなくなった。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 五能線 下り 鰺ケ沢弘前方面[3]
2 上り 東能代方面[3]

利用状況[編集]

JR東日本によると、2018年度(平成30年度)の1日平均乗車人員は69人である。

近年の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 150 [利用客数 1]
2001年(平成13年) 157 [利用客数 2]
2002年(平成14年) 146 [利用客数 3]
2003年(平成15年) 167 [利用客数 4]
2004年(平成16年) 149 [利用客数 5]
2005年(平成17年) 151 [利用客数 6]
2006年(平成18年) 164 [利用客数 7]
2007年(平成19年) 174 [利用客数 8]
2008年(平成20年) 174 [利用客数 9]
2009年(平成21年) 203 [利用客数 10]
2010年(平成22年) 197 [利用客数 11]
2011年(平成23年) 87 [利用客数 12]
2012年(平成24年) 96 [利用客数 13]
2013年(平成25年) 94 [利用客数 14]
2014年(平成26年) 85 [利用客数 15]
2015年(平成27年) 67 [利用客数 16]
2016年(平成28年) 66 [利用客数 17]
2017年(平成29年) 69 [利用客数 18]
2018年(平成30年) 69 [利用客数 19]

駅周辺[編集]

バス[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
五能線
快速
ウェスパ椿山駅深浦駅千畳敷駅
普通
横磯駅 - 深浦駅 - 広戸駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

記事本文[編集]

  1. ^ a b 壇上完爾「みちのくのローカル線に語りかける津軽の海と山 けっぱれ 五能線」『鉄道ジャーナル別冊37 懐かしの国鉄現場』、鉄道ジャーナル社、1999年7月、 130 - 138頁。
  2. ^ a b 『停車場変遷大辞典 国鉄・JR編』1998年 JTB
  3. ^ a b 時刻表 深浦駅”. 東日本旅客鉄道. 2019年8月23日閲覧。

利用状況[編集]

  1. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月21日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月21日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月21日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月21日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月21日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月21日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月21日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月21日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月21日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月21日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月21日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月21日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月21日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月21日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月21日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月21日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月21日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月6日閲覧。
  19. ^ 各駅の乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月9日閲覧。

関連項目[編集]