深田直城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

深田 直城(ふかだ ちょくじょう、文久元年7月14日1861年8月19日) - 昭和22年(1947年))は、明治時代日本画家。近代の大阪で四条派を広め、その画風を守った。

略歴[編集]

深田直城は、文久元年7月14日(1861年8月19日)に近江国膳所藩(現滋賀県大津市)に生まれた[1]明治2年(1869年)京都へ移住し、明治8年(1875年)父の友人だった加島菱洲から洋画を習い、翌9年4月に森川曾文に師事し四条派を学ぶ。明治11年(1878年)18歳で独立し、明治14年(1881年)から明治19年(1886年)まで京都画学校に出仕し、後進の育成に努めた。明治19年(1886年)より居所を大阪に移し、大阪画壇の中心的人物の一人となった[2]大正3年(1814年)には西宮に転居している。

展覧会への出品歴を並べると、明治15年(1882年)第1回内国絵画共進会で入選、明治17年(1884年)には受賞。明治23年(1890年)第3回内国勧業博覧会では《鳴門図》が妙技三等、明治28年第4回内国勧業博覧会は《藤花山鶏図》で褒状、明治36年(1903年)地元大阪で開かれた第5回内国勧業博覧会では審査員として《海底遊漁図双屏(海魚遊泳)》を出品している。明治40年(1907年)正派同志会展審査員、文展(現在の日展)の審査員などを歴任した[1]。名は政孝、字は子簽、別号を秋月(棲)、対甲山房と称した[1]

海魚を最も得意としたと評され[3]を描いた作品も多いが、風景画花鳥画の優品も残る。 弟子に平井直水、中川和堂などがおり、長男の深田五城は菊池芳文にも師事し、花鳥画を得意とした。

作品[編集]

作品名 技法 形状・員数 寸法(縦x横cm) 所有者 年代 出品展覧会 落款・印章 備考
春秋花鳥図 絹本著色 双幅 137.8x85.5(各) 泉屋博古館 明治時代 款記「直城」[4]
海辺群鶴之図 紙本金地著色 六曲一双 163.3x360.0(各) 泉屋博古館 1913年(大正2年) 款記「直城」[4]
四時花禽図 4幅対 白鹿記念酒造博物館 1917年(大正6年)
水辺芦雁 雪中船泊 絹本著色 双幅 水辺芦雁:107.0x50.2
雪中船泊:106.8x50.1
関西大学図書館 晩年の作か 共に款記「直城筆」/「正孝」白文重廓方印(水辺芦雁)。「秋月棲」朱文円印(雪中船泊)
流鏑馬 大阪天満宮[5] 明治時代 款記「直城寫」/朱文方印
深田直城肉筆絵手本 大阪府立中之島図書館[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「思文閣 美術人名辞典」(思文閣)
  2. ^ 大阪芸術大学. “大坂画壇への誘い 深田直城”. 2013年7月21日閲覧。
  3. ^ 浪花摘英編纂事務所 『浪華摘英』 1915年、p.72。
  4. ^ a b 泉屋博古館編集 『泉屋博古 近代日本画』 公益財団法人 泉屋博古館、2017年2月25日、pp.54-57,188。
  5. ^ 大阪歴史博物館編集 『特別展 大阪の祭り ―描かれた祭り・写された祭り―』 大阪府神社庁、2009年7月15日、p.59。
  6. ^ 平成12年度新収資料展 おおさかページ - 大阪府立図書館

参考文献[編集]

  • 深田直城画『小学日本画帖入門』 細謹舎、1900年
  • 油谷達編『大阪新報社主催 日本百家絵画展覧会写真帖』 項油谷博文堂、1911年、「水中遊鯉 深田直城」の項目
論文
  • 柴田就平「[深田直城筆《直城狂画帖》における近世と近代]」『関西大学博物館紀要』No.17、2011年3月31日
  • 柴田就平 「近代大阪四条派・深田直城《嵐山春景 清水夏雨》と《水辺芦雁 雪中船泊》」『美術フォーラム21』vol.39、2019年6月10日、pp.4-9、ISBN 978-4-925185-65-3