深町錬太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

深町 錬太郎(ふかまち れんたろう、1871年 3月17日生まれ(明治4年1月27日[1] - 1918年大正7年)9月25日[要出典])は、日本の逓信内務官僚。官選愛媛県知事

経歴[編集]

加賀国金沢下高儀町で加賀藩士・深町鉄五郎の長男として生まれる[1][2]第四高等学校を首席で卒業。1896年東京帝国大学法科大学政治学科を卒業。逓信省に入省し通信局属となる。同年12月、文官高等試験行政科試験に合格[1][2][3]

1897年、逓信事務官となる。以後、通信事務官、鹿児島郵便電信局・大阪郵便電信局・札幌郵便電信局の各勤務を歴任。1899年内務省に転じ、愛知県事務官茨城県事務官、栃木県事務官、新潟県事務官・内務部長[4]を務めた[1][2]

第3次桂内閣により1912年12月30日、愛媛県知事に登用された。松山中学校の移転問題を解決。前任知事より引き継いだ継続治水事業計画を20か年継続治水事業として計画を策定し事業に着手した。一方、県会などに対して高圧的な態度で臨み、そのため県会で弾劾決議案が可決されたり、産米検査の強行により農民反対運動の激化を招いた[1][2]

1916年4月28日、知事を休職し[5]1917年4月21日、病気により依願免本官となり退官した[1][6]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『愛媛県史 人物』522頁。
  2. ^ a b c d 『新編日本の歴代知事』919頁。
  3. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』176頁。
  4. ^ 『官報』第7522号、明治41年7月23日。
  5. ^ 『官報』第1121号、大正5年4月29日。
  6. ^ 『官報』第1415号、大正6年4月23日。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 愛媛県史編さん委員会編『愛媛県史 人物』愛媛県、1989年。