深谷忠記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

深谷 忠記(ふかや ただき、1943年12月17日[1] - )は日本小説家推理作家東京都生まれの千葉県育ち。東京大学理学部卒。

概要[編集]

  • 1982年、『ハーメルンの笛を聴け』で江戸川乱歩賞候補となる。
  • 1985年、『殺人ウイルスを追え』で第三回サントリーミステリー大賞の佳作に入選し、本格派の新鋭として注目を集める。
  • 1986年の『信州・奥多摩殺人ライン』以後は、数学者の黒江壮と出版社の文芸部員・笹谷美緒のコンビを主人公にした『阿蘇・雲仙逆転の殺人』、『札幌・仙台48秒の逆転』といったトラベルミステリー、『「法隆寺の謎」殺人事件』、『人麻呂の悲劇』といった歴史ミステリーを主に書き続けてきたが、1994年の『運命の塔』を境にして、以後は『自白の風景』、『十五年目の序章』(『五十年目の序章』と改題)、『迷界流転』(『平城京殺人事件』と改題)などの単発物が増え、2000年以後は『目撃』、『Pの迷宮』(『黙秘』と改題)、『審判』、『毒』、『傷』、『殺人者』といった単発物の社会派本格ミステリーが中心になっている。

作品[編集]

シリーズ作品[編集]

壮&美緒シリーズ[編集]

東京・水道橋にある慶明大学(けいめいだいがく)で助手(のちに講師に昇格)をしている数学者の黒江壮と、 神田にある中堅出版社・清新社(せいしんしゃ)の文芸書籍編集部員の笹谷美緒のコンビが、難事件を解決するトラベルミステリーシリーズ。

  • 信州・奥多摩殺人ライン(1986年9月 栄光出版社 / 1989年3月 ケイブンシャ文庫 / 1992年8月 講談社文庫
  • 「阿蘇・雲仙」逆転の殺人(1986年10月 光文社 / 1990年6月 光文社文庫 / 2000年2月 ケイブンシャ文庫)
  • 「札幌・仙台」48秒の逆転(1987年4月 光文社 / 1990年10月 光文社文庫 / 2000年12月 ケイブンシャ文庫)
  • アリバイ特急+-の交叉(1987年7月 講談社 / 1990年5月 講談社文庫 / 1997年8月 ケイブンシャ文庫)
  • 「南紀・伊豆」Sの逆転(1987年11月 光文社 / 1991年2月 光文社文庫 / 2001年11月 ケイブンシャ文庫)
  • 津軽(アリバイ)海峡+-の交叉(1988年1月 講談社ノベルス / 1991年4月 講談社文庫 / 1998年3月 ケイブンシャ文庫)
  • 「法隆寺の謎」殺人事件(1988年5月 光文社 / 1992年2月 光文社文庫 / 1999年7月 徳間文庫
  • 横浜・長崎殺人ライン(1988年7月 栄光出版社 / 1991年8月 光文社文庫)
  • 弥彦・出雲崎殺人ライン(1988年9月 徳間書店 / 1991年7月 徳間文庫 / 2001年1月 光文社文庫)
  • 「万葉集の謎」殺人事件(1988年12月 光文社 / 1992年7月 光文社文庫 / 2000年1月 徳間文庫)
  • 寝台特急「出雲」+-の交叉(1989年3月 講談社ノベルス / 1992年1月 講談社文庫 / 1998年11月 ケイブンシャ文庫)
  • 「邪馬台国の謎」殺人事件(1989年7月 光文社 / 1993年3月 光文社文庫 / 2000年7月 徳間文庫)
  • 詩人の恋 信州殺人事件(1989年9月 祥伝社 / 1996年6月 祥伝社文庫
  • 指宿・桜島殺人ライン(1989年11月 徳間書店 / 1993年4月 徳間文庫 / 2002年7月 光文社文庫)
  • 鈴蘭伝説の殺人(1990年1月 光文社)
    • 【改題】札幌・鈴蘭伝説の殺人(1993年8月 光文社文庫 / 2001年7月 徳間文庫)
  • 「博多・熱海」殺人交点(1990年5月 光文社)
    • 【改題】熱海・黒百合伝説の殺人(1994年3月 光文社文庫 / 2002年1月 徳間文庫)
  • 北津軽逆アリバイの死角(1990年7月 講談社 / 1993年6月 講談社文庫)
    • 【改題】「太宰治の旅」殺人事件(1999年6月 ケイブンシャ文庫)
  • 天城峠殺人交差(1990年10月 祥伝社)
    • 【改題】踊り子の謎 天城峠殺人交差(1997年12月 祥伝社文庫)
  • 函館・芙蓉伝説の殺人(1990年12月 光文社 / 1994年8月 光文社文庫 / 2002年8月 徳間文庫)
  • 伊良湖・犬山殺人ライン(1991年5月 徳間書店 / 1995年11月 徳間書店 / 2003年5月 光文社文庫)
  • 人麻呂の悲劇(1991年9月 光文社 / 1995年4月 光文社文庫【上・下】 / 2006年4月 徳間文庫)
  • 萩・津和野殺人ライン(1992年3月 角川書店 / 1994年12月 角川文庫 / 2004年5月 光文社文庫)
  • 倉敷・博多殺人ライン(1992年11月 中央公論新社 / 1997年10月 中公文庫 / 2005年5月 光文社文庫)
  • 釧路・札幌1/10000の逆転(1993年6月 光文社 / 1998年2月 光文社文庫 / 2011年3月 光文社文庫【新装版】)
  • 尾道・鳥取殺人ライン(1993年10月 実業之日本社 / 2001年8月 光文社文庫 / 2008年4月 徳間文庫)
  • 横浜・修善寺0の交差(1994年9月 講談社 / 1997年8月 講談社文庫 / 2005年12月 光文社文庫)
  • 能登・金沢30秒の逆転(1995年11月 光文社 / 2000年4月 光文社文庫)
  • 長崎・壱岐殺人ライン(1996年5月 カドカワノベルズ / 2000年3月 角川文庫 / 2006年7月 光文社文庫)
  • 千曲川殺人悲歌(1997年5月 講談社 / 2001年1月 講談社文庫 / 2006年12月 光文社文庫)
  • 安曇野・箱根殺人ライン(1999年10月 実業之日本社 / 2003年8月 講談社文庫 / 2010年5月 光文社文庫)
  • 札幌・オホーツク逆転の殺人(2000年10月 光文社 / 2003年10月 光文社文庫)
  • 佐渡・密室島の殺人(2002年8月 トクマ・ノベルズ / 2004年8月 徳間文庫 / 2007年12月 光文社文庫)
  • 十和田・田沢湖殺人ライン(2004年9月 実業之日本社 / 2008年5月 光文社文庫)
  • 多摩湖・洞爺湖殺人ライン(2006年6月 実業之日本社 / 2009年5月 光文社文庫)
  • 「奥の細道」不連続殺人ライン(2013年9月 徳間文庫)
  • 遺産相続の死角 東京・札幌殺人ライン(2014年7月 光文社文庫)
  • 悪意の死角 東京・京都殺人ライン(2015年7月 光文社文庫)

宇津木冬彦シリーズ[編集]

警視庁捜査一課警部補である宇津木冬彦が活躍するシリーズ。

  • 飛鳥殺人事件(1992年8月 光文社 / 1996年2月 光文社文庫【上・下】 / 2005年6月 徳間文庫)
  • 東京・上海 二重交点の謎(1995年1月 光文社)
    • 【改題】横浜・木曾殺人交点(1999年4月 光文社文庫 / 2004年4月 徳間文庫)

シリーズ外作品[編集]

  • 落ちこぼれ探偵塾―偏差値殺人事件(1982年7月 ソノラマ文庫
    • 【改題】偏差値殺人事件(1988年1月 ケイブンシャ文庫)
  • ハムレットの内申書(1983年7月 ソノラマ文庫)
    • 【改題】内申書殺人事件(1988年7月 ケイブンシャ文庫)
      • 偏差値・内申書殺人事件(1998年1月 講談社文庫)- 「偏差値殺人事件」と「内申書殺人事件」を併録
  • 甲子園殺人事件(1984年5月 ソノラマ文庫 / 1987年9月 ケイブンシャ文庫 / 1996年4月 光文社文庫)
  • 西多摩殺人事件(1984年11月 栄光出版社)
    • 【改題】成田・青梅殺人ライン(1988年10月 光文社文庫 / 1998年9月 日文文庫)
  • 0.096逆転の殺人(1986年4月 光文社 / 1990年2月 光文社文庫 / 1997年10月 日文文庫)
  • 南房総・殺人ライン(1987年2月 廣済堂出版 / 1988年10月 広済堂文庫)
    • 【改題】房総・武蔵野殺人ライン(1994年6月 講談社文庫)
  • 一万分の一ミリの殺人(1987年6月 廣済堂出版 / 1989年10月 講談社文庫)
    • 【改題】殺人ウイルスを追え(2000年5月 日文文庫 / 2014年10月 光文社文庫)
  • 東大・一橋大ゼロの誘拐(1987年10月 徳間書店)
    • 【改題】ゼロの誘拐(1990年11月 徳間文庫 / 1999年8月 日文文庫)
  • 暗号・殺人劇場(1988年4月 祥伝社)
  • ハーメルンの笛を聴け(1989年5月 中央公論新社 / 1991年11月 中公文庫 / 1995年8月 中公文庫)
  • 虹色の罠(1989年8月 徳間書店 / 1991年11月 徳間文庫)
  • 黒の組曲(1992年1月 双葉社 / 1994年1月 双葉ノベルス / 1996年3月 双葉文庫)
  • 運命の塔(1994年5月 講談社 / 1996年6月 講談社ノベルス / 2002年6月 講談社文庫)
  • 一七七文字の殺人(1995年6月 祥伝社)
  • 十五年目の序章(1995年8月 徳間書店 / 1997年9月 トクマ・ノベルズ)
    • 【改題】五十年目の序章―東京・佐賀殺人ライン(2000年12月 徳間文庫)
  • 自白の風景(1996年10月 講談社 / 2001年1月 トクマ・ノベルズ / 2003年2月 徳間文庫)
  • 男+女=殺人(1997年6月 実業之日本社)
  • ダンチェンコの罠(1997年10月 双葉社)
    • 【改題】逆転!一億円詐取(2001年6月 トクマ・ノベルズ / 2003年6月 双葉文庫)
  • 迷界流転(1998年4月 中央公論新社)
    • 【改題】平城京殺人事件(2001年2月 中公文庫 / 2004年12月 光文社文庫)
  • ソドムの門(1999年1月 祥伝社 / 2002年10月 祥伝社文庫)
  • タイム(2000年3月 角川書店 / 2002年5月 角川文庫)
  • 目撃(2002年3月 角川書店 / 2005年10月 角川文庫)
  • 殺意の陥穽(2003年6月 徳間書店 / 2007年6月 徳間文庫)
  • Pの迷宮(2003年9月 角川書店)
    • 【改題・加筆】黙秘(2009年7月 講談社文庫)
  • 審判(2005年4月 徳間書店 / 2009年5月 徳間文庫)
  • 毒(2006年8月 徳間書店 / 2011年1月 徳間文庫)
  • 傷(2007年7月 徳間書店)
    • 【改題】立証(2011年6月 徳間文庫)
  • 悲劇もしくは喜劇(2008年7月 実業之日本社)
  • 殺人者(2009年8月 徳間書店)
    • 【改題】殺人者(ソウル・マーダー)(2012年2月 徳間文庫)
  • 評決(2010年7月 徳間書店)
  • 無罪(2011年8月 徳間書店)
  • 共犯(2012年8月 徳間書店)

アンソロジー[編集]

「」内が深谷忠記の作品

  • ミステリーが好き(1990年4月 新潮社 / 1995年1月 講談社文庫)「階上のピアノ」
  • 日本ベストミステリー「珠玉集」〈中〉(1992年7月 光文社カッパ・ノベルス
    • 【改題】秘密コレクション(1996年7月 光文社文庫)「綾の怨恨」
  • 「傑作推理」(ベスト・オブ・ベスト)大全集〈下〉(1995年8月 光文社カッパ・ノベルス)「武蔵が教えた」
  • 現場不在証明(1995年8月 角川文庫)「凶悪な炎」
  • 迷宮の旅行者(1999年10月 青樹社文庫)「居眠り刑事」
  • ミステリー傑作選・特別編〈6〉自選ショート・ミステリー2(2001年10月 講談社文庫)「蒔いた種」
  • 事件現場に行こう(2001年11月 光文社カッパ・ノベルス / 2006年4月 光文社文庫)「無意識的転移」

映像化作品[編集]

テレビドラマ[編集]

日本テレビ
  • 火曜サスペンス劇場
    • 信州奥多摩殺人ライン(1987年3月24日、主演:山口果林
    • 津軽海峡―殺しの双曲線(1988年3月15日、主演:柏原芳恵、原作:津軽海峡+-の交叉)
    • 再会・殺意の方程式(1988年12月6日、主演:山口果林)
テレビ朝日
TBS
BSジャパン
  • 女と愛とミステリー
    • 伊豆・天城越え殺人事件!(2001年12月23日、主演:木の実ナナ浅田美代子、原作:踊り子の謎 天城峠殺人交差) - 1992年にテレビ朝日系で放送された「伊豆天城峠殺人交差」のリメイク版
    • 南紀・伊豆Sの逆転(2002年3月10日、主演:榎木孝明佐藤藍子
    • 芸能記者・柳田信吉の挑戦 スター誕生殺人事件(2003年2月23日、主演:内藤剛志、主演:信州・奥多摩殺人ライン)
  • 水曜ミステリー9
    • 共犯 元刑事 永井耕作の誘拐捜査(2016年6月1日、主演:橋爪功、原作:共犯)

バラエティー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.463