淵脇了公

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

淵脇了公(ふちわき りょうこう、生没年不詳[1])は、中島常楽院31代目住職。別名:寿長院(じゅちょういん)。出身地不詳。

島津家中興の祖である島津忠良(日新斎)の命により従来の盲僧薩摩琵琶から改良し薩摩琵琶を作った。忠良が臣下の士気高揚目的で作詞したさまざまな琵琶歌の作曲も手掛けた[1]

脚注[編集]