添牛内駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
添牛内駅
添牛内駅跡 (2011年8月)
添牛内駅跡 (2011年8月)
そえうしない
Soeushinai
新富 (4.4km)
(6.9km) 共栄
所在地 北海道雨竜郡幌加内町字添牛内
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 深名線
キロ程 68.6km(深川起点)
電報略号 ソエ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線(廃止時)
開業年月日 1931年(昭和6年)9月15日
廃止年月日 1995年(平成7年)9月4日
備考 深名線廃線に伴い廃駅
テンプレートを表示
1977年の添牛内駅と周囲約500m範囲。右上が朱鞠内方面。相対式ホーム2面2線、駅舎横と駅裏に引込み線を持っていた。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

添牛内駅(そえうしないえき)は、北海道空知支庁雨竜郡幌加内町字添牛内にあった北海道旅客鉄道(JR北海道)深名線廃駅)である。電報略号ソエ。深名線の廃線に伴い1995年(平成7年)9月4日に廃駅となった。

歴史[編集]

駅構造[編集]

廃止時点で、単式ホーム1面1線を有する地上駅であった。ホームは線路の東側(名寄方面に向かって右手側)に存在した。分岐器を持たない棒線駅となっていた[1]。かつては列車交換可能な交換駅であった。1983年(昭和58年)時点では使われなくなった対向ホーム側の1線は交換設備運用廃止後も分岐器が深川方、名寄方の両方向とも維持された形で側線として残っていた(但しホームは撤去されていた)[2]。またその側線の名寄方から外側の深川方に伸びる行き止まりの短い側線を1線有した[2]。そのほか本線の深川方から分岐し駅舎南側への側線を1線有していた[1]。その後線路は側線を含め1993年(平成5年)までには撤去されたが、ホーム前後の線路は分岐器の名残で湾曲していた[1]

無人駅となっていたが、有人駅時代の駅舎が残っていた。駅舎は構内の東側に位置しホーム北側に接していた[1]

貨物列車が運行されていた時代は、木材、澱粉雑穀の搬出が主体であった[2]。名残であった広い構内には夏場はルピナスの花で覆われていたとのことである[1]

駅名の由来[編集]

所在地名より。アイヌ語の「ソウナイ[3]」〔滝・ある・川〕に字をあてたものである。由来は駅西側の霧立峠へ上る道のかたわらで、滝になって落ちている現在のソーウンナイ川に由来すると推測される[1][4]

利用状況[編集]

  • 1981年度(昭和56年度)の1日乗降客数は20人[2]
  • 1992年度(平成4年度)の1日乗降客数は2人[1]

駅周辺[編集]

駅跡[編集]

2000年(平成12年)時点では、駅舎は閉鎖状態で残存していた[6]。2010年(平成22年)時点でも同様でホームも残存していた[7]。2011年(平成23年)時点でも同様で、屋根が塗り替えられていた形跡もあった[8]。ホームは夏季は雑草に覆われ、鉄道標識も残存していた[8]

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道
深名線
政和駅 - 添牛内駅 - 共栄駅
かつて政和駅と当駅との間に新富駅が存在した(1990年(平成2年)9月1日廃止)。
かつて当駅と共栄駅(当時は仮乗降場)との間に大曲仮乗降場が存在した(1976年(昭和51年)2月1日廃止)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 書籍『JR・私鉄全線各駅停車1 北海道630駅』(小学館1993年6月発行)76-77ページより。
  2. ^ a b c d 書籍『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』(小学館、1983年7月発行)205ページより。
  3. ^ アイヌ語ラテン翻字: so-us-nay
  4. ^ アイヌ語地名リスト ゴ~シブ P51-60P”. アイヌ語地名リスト. 北海道 環境生活部 アイヌ政策推進室 (2007年). 2017年10月20日閲覧。
  5. ^ a b c d e 書籍『北海道道路地図 改訂版』(地勢堂、1980年3月発行)15ページより。
  6. ^ 書籍『鉄道廃線跡を歩くVII』(JTBパブリッシング2000年1月発行)35-36ページより。
  7. ^ 書籍『新 鉄道廃線跡を歩く1 北海道・北東北編』(JTBパブリッシング、2010年4月発行)41-43ページより。
  8. ^ a b 書籍『北海道の鉄道廃線跡』(著:本久公洋、北海道新聞社2011年9月発行)178-179ページより。

関連項目[編集]