清元斎兵衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

清元 斎兵衛(きよもと さいべえ)は、清元三味線方の名跡。4代を数える。旧字体は清元齋兵衞。

初代[編集]

生没年不詳

2代目鳥羽屋里長の高弟の門弟で初名を鳥羽屋万吉といった。富本節の2代目富本斎宮太夫(後の清元節の初代清元延寿太夫)の相三味線を勤める。1814年に清元節が創始されると清元万吉と改名。1820年には清元斎兵衛と改名。

主な作曲に「保名」「鳥羽絵」「文屋」「玉兎」「文売り」「茶筅売り」「累」「須磨」「喜撰」等がある。

2代目[編集]

(生没年不詳)

初代斎兵衛の門弟の磯八が1837年頃に2代目斎兵衛を襲名。

初代ほど活躍がないものの「四季三葉草」「神田祭」などを作曲。

3代目[編集]

(生年不詳 - 慶応3年(1867年))

豊後節では鳥羽屋理八、荻江節では荻江理八、一中節では菅野里八を名乗る。1856年に3代目斎兵衛を襲名。

作曲は多く清元節では「双六」、「柏の若葉」、一中節では「道成寺」など。

4代目[編集]

嘉永4年(1852年) - 明治42年(1909年8月17日)本名は三石里吉。

3代目斎兵衛の門弟。初名を清元里壽郎、一時4代目鳥羽屋里長を名乗る。1892年に4代目斎兵衛を襲名。

2代目清元梅吉4代目清元延壽太夫の立三味線を勤める。

作曲に「花がたみ」。子息は清元久栄太夫。