清宮虎多朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
清宮 虎多朗
東北楽天ゴールデンイーグルス #135
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県八千代市[1]
生年月日 (2000-05-26) 2000年5月26日(20歳)[1]
身長
体重
190 cm
84 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 2018年 育成選手ドラフト1位
年俸 250万円(2021年)[2]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

清宮 虎多朗(せいみや こたろう、2000年5月26日 - )は、千葉県八千代市出身のプロ野球選手投手育成選手)。右投左打[1]東北楽天ゴールデンイーグルス所属。

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

幼稚園の年長(6歳)時に野球を始める。中学校2年の時に全国大会に出場。高校では1年秋からベンチ入りし、2年秋からは背番号1を付けてエースを務めた[1][3]。中学時代は軟式で最速125km/hだったが、食事や初動負荷トレーニングに打ち込むと、2年の春先までには最速143km/hまでに急成長し、注目を集めるようになった[4]2018年、高校3年時の第100回全国高等学校野球選手権記念大会では、大会の1ヶ月前に指のマメがつぶれ登板機会がほとんどなく、西千葉大会2回戦で敗退。甲子園出場は果たせなかった[5]

2018年10月25日のNPBドラフト会議東北楽天ゴールデンイーグルスから育成選手枠1巡目で指名された[6]。11月22日の楽天の新入団選手発表会見では、名前が似ている北海道日本ハムファイターズ所属の清宮幸太郎(姓の読みは「せいみや」「きよみや」と異なる)と対戦したいと述べた[7]

楽天時代[編集]

2019年は極度の制球難に陥り、二軍への出場も果たせぬままシーズンを終えた[8]。オフのみやざきフェニックス・リーグには参加し、2試合に登板している[9]

2020年は前年の制球難が改善し、3月に行われたロッテとの二軍練習試合では鳥谷敬らから三振を奪う、2イニング4奪三振無失点の好投を見せた[8]

選手としての特徴[編集]

球種は、ストレート、スライダーカットボールフォークボールカーブ。190cmという高身長を活かして角度をつけた最速145kmのストレート[4]、縦に大きく割れるカーブ、鋭い切れ味のスライダーが特長[3]

制球を課題とし、牽制バント処理も苦手とする[8]

人物[編集]

特技はボイスパーカッションで、楽天の入団会見でも披露した[7]

幼稚園から高校卒業までの15年間、皆勤賞だった[10]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 135(2019年 - )

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e “八千代松陰・清宮虎多朗は楽天育成1位指名”. 日刊スポーツ. (2018年10月25日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201810250000887.html 
  2. ^ 楽天 - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2020年12月8日閲覧。
  3. ^ a b “隠れ逸材ビッグ3は彼らだ!春季関東大会逃したスター候補選手を紹介”. スポーツ報知. (2018年5月8日). https://www.hochi.co.jp/baseball/hs/20180507-OHT1T50303.html 
  4. ^ a b “遅れてきた未完の大器。支配下を目指す2年目の育成・清宮虎多朗(八千代松陰出身)”. 高校野球ドットコム. (2020年3月22日). https://www.hb-nippon.com/news/36-hb-bsinfo/40815-bsinfo20200321011 2020年8月20日閲覧。 
  5. ^ “八千代松陰サヨナラ負け 清宮虎多朗、涙…1カ月前に指のマメつぶれ万全で臨めず/西千葉”. サンケイスポーツ. (2018年7月16日). https://www.sanspo.com/baseball/news/20180716/hig18071605020016-n1.html 
  6. ^ “育成ドラフト 2018年ドラフト指名選手”. サンケイスポーツ. https://www.sanspo.com/baseball/draft/18/ikusei.html 2019年1月5日閲覧。 
  7. ^ a b “楽天の育成1位・清宮 強心臓!?ボイスパーカッション披露 対戦したい選手は日本ハムの清宮”. スポーツニッポン. (2018年11月22日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/11/22/kiji/20181122s00001173294000c.html 2019年1月5日閲覧。 
  8. ^ a b c “楽天清宮が制球難克服、鳥谷からも三振「自信に」”. 日刊スポーツ. (2020年3月21日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202003210000587.html 2020年8月20日閲覧。 
  9. ^ 【独立リーグ】個人投手成績-みやざきフェニックス・リーグ2019”. 一球速報.com. OmyuTech. 2020年8月20日閲覧。
  10. ^ 清宮 虎多朗 [@kot0526] (2 March 2019). "ちなみに、幼稚園、小学校、中学校、高校、15年間皆勤賞取りました🎉" (ツイート). Twitterより2019年8月22日閲覧

関連項目[編集]