清岡家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
清岡家
家紋
うめばち
梅鉢
本姓 菅原氏
家祖 清岡長時
種別 公家半家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
凡例 / Category:日本の氏族

清岡家(きよおかけ)は、半家の家格を持つ公家堂上家)。新家外様

概要[編集]

江戸時代前期の権大納言五条為庸(1619–77年)の次男・清岡長時(1657–1718年)を祖とする。長時は従二位参議に昇ったものの、その子致長以後当主の早世が続き、しばらくは公卿も出せないほどだったが、江戸時代後期に5代長親とその子7代長材が正三位に叙せられた。

江戸時代の家禄蔵米303人扶持。家業は儒学[1]。居所は西殿町下ル東側。菩提寺は浄福寺。

極位極官は始祖の清岡長時が得た従二位・参議、式部権大輔

明治維新後は9代長説が子爵に叙せられ、その孫の11代長言大正天皇侍従貴族院議員(子爵互選)を務めた。少女ヌード写真家として知られる清岡純子はこの長言の娘にあたる。

系譜[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子。
五条為庸
 
 
 
清岡長時1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
致長2若江長統
 
 
 
長香3[2]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
貞長4輝忠
 
 
 
輝忠5
 
 
 
長親5[3]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
長貴6長材7
 
 
 
長熈8[4]
 
 
 
長説9
 
 
 
長延10
 
 
 
長言11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
長和12純子

補注[編集]

  1. ^ 『公卿諸家系図 -諸家知譜拙記-』続群書類従完成会、1966年、239頁
  2. ^ 五条為範の子
  3. ^ 五条為俊の次男
  4. ^ 壬生家尹の子

参考文献[編集]