清川雪彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

清川 雪彦(きよかわ ゆきひこ、1942年11月22日 - )は日本の経済学者東京国際大学教授、一橋大学名誉教授。日本学士院賞日経・経済図書文化賞等受賞。

人物[編集]

北海道札幌市出身。2004年労働関係図書優秀賞、1996年日経・経済図書文化賞、1976年アジア経済研究賞。アジア政経学会理事、中国経営管理学会常任理事等を歴任。『アジアにおける近代的工業労働力の形成―経済発展と文化ならびに職務意識―』により2005年日本学士院賞受賞。指導学生に杜進[1]など。2018年秋の叙勲で瑞宝中綬章を受章。

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

この間ロンドン大学東洋アフリカ研究学院客員研究員、デリー大学中国日本研究科客員教授、台湾大学経済研究所客員研究員等も務めた。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『日本の経済発展と技術普及』(東洋経済新報社, 1995年)
  • 『アジアにおける近代的工業労働力の形成――経済発展と文化ならびに職務意識』(岩波書店, 2003年)
  • 『近代製糸技術とアジア -技術導入の比較経済史』(名古屋大学出版会, 2009年)

共編著[編集]

  • 南亮進)『日本の工業化と技術発展』(東洋経済新報社, 1987年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1]