清成哲也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

清成哲也(きよなり てつや、1961年昭和36年)11月27日 - )は、囲碁棋士宮崎県延岡市出身、関西棋院所属、倉橋正蔵八段門下、九段。長男真央も関西棋院の棋士。主要な良績に NHK杯テレビ囲碁トーナメント準優勝、関西棋院第一位決定戦優勝2回など。入段から九段昇段まで10年3ヶ月の、日本棋院を含めての最短昇段記録を持っていた。

経歴[編集]

アマチュア強豪の父の影響で、4、5歳頃に碁を覚える。中学2年の時に同郷の倉橋正蔵の内弟子となって、関西棋院院生となる。1976年入段。1980年五段。同年、新人王戦決勝で宮沢吾朗に0-2で敗れ準優勝。1982年に棋戦戦七段戦で優勝し、続く全段争覇戦では本田邦久、中村秀仁を破り、決勝では淡路修三に敗れるが準優勝となって、最高棋士決定戦に出場、1回戦で林海峰に敗れた。1986年九段昇段。1995年NHK杯戦決勝に進出し、小林覚に敗れて準優勝。翌年のテレビ囲碁アジア選手権戦では1回戦で馬暁春に敗れる。

藤沢秀行の研究会にも参加し、1982年以降の訪中にも参加。棋風は自称「亀さん流」。1992年にはNHK囲碁講座の講師。関西棋院理事も務めた。

タイトル歴[編集]

  • 関西棋院第一位決定戦 1992、2004年

その他の棋歴[編集]

著作[編集]