清武南インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
清武南インターチェンジ
所属路線 E78 東九州自動車道
IC番号 30-1
料金所番号 02-934
本線標識の表記 清武南
起点からの距離 315.0km(北九州JCT起点)
清武南TB (-km)
(17.8km) 日南北郷IC
接続する一般道 宮崎県道378号清武南インター線
供用開始日 2013年3月23日
通行台数 x台/日
所在地 889-1602
宮崎県宮崎市清武町今泉
テンプレートを表示

清武南インターチェンジ(きよたけみなみインターチェンジ)は、宮崎県宮崎市清武町にある東九州自動車道地域活性化インターチェンジである。

清武JCT以南の区間が新直轄方式に変更されたため、該当する区間は無料で通行できる。清武南ICより上り側(清武JCT側)にある清武南本線料金所で清武JCT以北の東九州自動車道、および宮崎自動車道の料金を徴収する。

2013年3月23日清武JCT - 清武南IC間の開通に伴い、供用を開始した[1]

歴史[編集]

周辺[編集]

双石山(ぼろいしやま)

接続する道路[編集]

供用開始前の宮崎県道378号清武南インター線(2013年2月)

[編集]

E78 東九州自動車道
(30)清武IC - (4-1)清武JCT - 清武南TB - (30-1)清武南IC - (31) 日南北郷IC

脚注[編集]

  1. ^ 東九州自動車道(清武(きよたけ)ジャンクション〜清武南(きよたけみなみ)インターチェンジ)が平成25年3月23日に開通します(NEXCO西日本、2013年2月13日閲覧)
  2. ^ “清武-南清武1.2キロ”. 夕刊デイリー. (2013年2月14日). http://www.yukan-daily.co.jp/news.php?id=37100 2013年3月25日閲覧。 
  3. ^ a b c 国土交通省 九州地方整備局「高速自動車国道へのインターチェンジの追加設置について」(PDFファイル)
  4. ^ a b c [五洋建設が57億余で落札 芳ノ元トンネル新設工事 “http://www.kensetsu-net.com/”]. 建設ネット. (2013年1月19日). 五洋建設が57億余で落札 芳ノ元トンネル新設工事 2014年3月1日閲覧。 
  5. ^ “清武JCT-清武南開通 東九州道”. 宮崎日日新聞. (2013年3月23日). http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/?itemid=52446&catid=74&blogid=13 2013年4月6日閲覧。 
  6. ^ 九州地方整備局 - 平成26年度政府予算案に関する事業計画通知 - 宮崎県関連分
  7. ^ [ http://www.qsr.mlit.go.jp/site_files/file/s_top/jigyo-hyoka/171222/shiryou2_higasikyusyu_kiyotake_kitagou.pdf 平成29年度 第4回九州地方整備局 事業評価監視委員会]
  8. ^ a b . 宮崎日日新聞. (2017年12月30日). 工期9年半、芳ノ元トンネル貫通 宮崎-日南開通へ前進 2018年3月11日閲覧。 

参考文献[編集]

関連項目[編集]