清水ひかり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
清水ひかり
清水ひかりの画像
プロフィール
リングネーム 清水ひかり
本名 非公開
ニックネーム 天下無双の歌媛
向日葵の笑顔
身長 157cm
体重 51㎏[1]
誕生日 (1993-04-22) 1993年4月22日(26歳)
出身地 愛媛県宇和島市
所属

Actwres girl´Z Color′s

J@st
スポーツ歴 サッカー
デビュー 2017年3月5日
中野たむ
テンプレートを表示

清水 ひかり(しみず ひかり、1993年4月22日 [2]- )は、日本の女子プロレスラー、振付師。愛媛県宇和島市出身。劇団剱神所属。プロレスラーとしてはActwres girl´Z Color′sとJ@stのダブル所属[3]。紙テープは白・オレンジ・水色。

略歴[編集]

高校卒業後、京都でバスガイドとして働き、2013年に上京し芸能活動を開始。歌手を目指しライブ活動を重ね、ボカロ系・元気ハツラツ青春ダンスボーカルユニット「Stera GARDEN」を結成、リーダーとなる。2016年3月からユニット名を「SW1TCH」に改名も活動休止。

芸能スクールのダンス講師として活動していたところ、ライブを通して出会った仁科鋭美が切っ掛けで観戦した中野たむの試合姿に胸を打たれ‪、自分も感動を与える側に回りたいとプロレスラーになる決心をして[4]、2016年11月にBeginning練習生となる。

2018年3月に行われたカフェラテ噴水公園 『GOサインは1コイン』振り付け動画コンテストで優秀賞を受賞

2019年1月20日より、所属がBeginningからActwres girl´Z Color′sとなる。(Beginning及びColor′sに所属にする全選手の総称をActwres girl´Zと呼ぶ)

2017年[編集]

2017年3月5日、対中野たむ戦で女子プロレスラーとしてプロデビュー。

3月20日、大抜擢を受け安納サオリ本間多恵戦(パートナーは万喜なつみ)でメジャー団体・全日本プロレスに出場[5]

3月26日、ACT18での3WAY戦で角田奈穗からプロ初勝利(もうひとりは賀川照子)。

5月28日、新木場Beginning「ACT20」で堀田祐美子と一騎打ち。9月9日、ディアナ川崎大会で伊藤薫と一騎打ち。10月14日、ディアナ川崎大会で井上京子と特別ルールながらシングルマッチで対戦 [6]と新人ながらもベテラン選手との対戦を広く経験。

11月28日、Beginning新木場大会で斎藤未来と対戦、シングル初勝利を挙げる。

2018年[編集]

1月24日 蟹K☆ING興行 アイスリボン道場(レッスル武闘館)大会で行われた蟹ワールド選手権試合で王座に挑戦。 (王者)ユイガニマスクvs清水ひかり(挑戦者)にて初のタイトルマッチに挑んだが敗北。

2月27日、本間多恵と共に新団体 J@stを旗揚げ。対戦カードは本間多恵&レイナイシスvs清水ひかり&ハロチータ。結果は本間多恵のzeroで敗北。

3月21日、ガンプロ初参戦。沙紀とシングルを行い、カワイルドバスターで敗北[7]‬。

4月4日、J@st旗揚げ後二回目の開催となる興行で行われたタッグマッチで、パートナーの本間多恵が特攻ホールドで勝利してJ@st興行で団体所属としての初勝利。対戦カードは本間多恵&清水ひかりvsハロチータ&レイナイシス。

6月17日、プロレスリングWAVEに初参戦。対戦カードはフェアリー日本橋vsチェリーvs清水ひかり。チェリーによる二人纏めての春夜恋で敗北‪[8]‬。

8月12日、ACT32新木場1stRING大会にて実力向上のため沙紀、茉莉、さくらんボニータのチームに加入。

8月31日、J@stとして東部フレンドホールに初進出。メインイベントで本間多恵と対戦。これがJ@st初の所属同士によるシングルマッチとなる。多恵ロックで敗れる。

9月1日、J@stのTwitterアカウント(‪@jst44094407 ‬)で9月1日〜30日の間に固定ツイートのファボとRTの合計が777でセクシーコスプレでポートレート発売、そのコスプレでオープニング登場、合計が1000で本間多恵と清水ひかりが呼びたい選手を1名オファーする企画がスタート。

9月7日、Beginning新木場1stRING大会にて沙紀とのチームが始動。沙紀と組んで関口翔&有田ひめか組と対戦し、ブロックバスターホールドで勝利。

9月25日に開幕したAWG初代王者を決めるアクトレスガールズシングルチャンピオン決定トーナメントに出場[9]。1回戦で有田ひめかに敗れる。

9月30日、J@stのTwitterアカウント(‪@jst44094407 ‬)で行われた固定ツイートのファボ&RTの合計1000を目指す企画が最終日で達成される。

10月7日、埼玉県で行われた埼玉障害者まつりにて始めての野外プロレスを体験。レフェリーをしているチョリソがこのイベントに運営として携わっているので、レギュラー参加しているアイスリボンが希月あおい引退興行で出れないため、アクトレスガールズが抜擢された。茉莉と組んで高瀬みゆき&青野未来組と対戦。茉莉がバズソーキックで高瀬から勝利。

10月17日、SEAdLINNNG初参戦。ハイスピード3WAYマッチにて桃野美桜、笹村あやめと対戦し、ハイスピードルールを始めて経験する。桃野美桜にレッグロールクラッチホールドで敗北。 試合後、強くなるためと南月たいように指導を仰ぎ承諾される。

11月15日、Beginning(アクトレスガールズ)初進出となる後楽園ホール大会で行われた本間多恵&角田奈穂vs茉莉&清水ひかりにて、後楽園ホールでの試合を始めて経験する。本間多恵の飛びつき式腕ひしぎ十字固めで敗北。
大会終了後、Beginningが1月20日に旗揚げする新ブランド団体『Color′s』所属になると発表される[10]

‪12月5日、おっこんdeプロレス初参戦。対戦カードはライディーン鋼vs沙紀vs清水ひかり。清水ひかりが沙紀の首固めで敗北。竹田誠志&竹田光珠vsライディーン鋼&沙紀&清水ひかり。音楽が流れて勝敗なく終了。‬

12月15日、KANEKIN FITNESS GYM グランドオープンイベントにて、スクワット部門3位入賞[11]

‪12月24日、 Marvelous横浜ラジアントホール大会にてMarvelous初参戦。カードが当日発表で行われ第1試合に登場。門倉凜&清水ひかりvs永島千佳世&愛海が組まれ、永島千佳世がダイビングフットスタンプで門倉凛に勝利[12]

2019年[編集]

1月20日、Color′s旗揚げ戦のメインイベントに登場。カードは沙紀&瑞希vs茉莉&清水ひかり。沙紀の雪崩式カワイルドバスターで敗北。所属がBeginningからActwres girl´Z Color′s(略称はAWG Color′s)となる。

2月17日、PURE-J板橋グリーンホール大会で、KAZUKI&ライディーン鋼組が所持するデイリースポーツ認定女子タッグ王座に本間多恵とのチームで挑戦。これがタッグタイトルへの初挑戦となるが、ライディーン鋼のムーンサルトプレスで清水ひかりが敗北。

5月26日、志摩市志摩(和具)文化会館大会にてOZアカデミー初参戦。世志琥とのシングルが組まれラリアットで敗北[13]

‪6月9日、新木場1stRING‬で開催された覆面MANIA 43‬にて、覆面MANIAに初参戦。 ‪‪6人タッグマッチ30分1本勝負‬が組まれる[14]
‪○ミスティク&SAKI&茉莉(13分31秒 タパティア・コン・バリエンテ)真琴&本間多恵&清水ひかり×

6月30日、足利市民プラザ小ホール大会にて、WRESTLE-1に初参戦。才木玲佳とシングルを行いジャックハマーで敗北[15]

7月7月、韓国でWWA初参戦、及び海外での試合を初経験。Color’s同所属の茉莉とシングルを行いバズソーキックで敗北[16]

人物[編集]

趣味は神社仏閣めぐり。スリーサイズは81・61・85とプロレスラーとしては痩身であるが、サッカー経験やフットサルを活かした蹴り技と、ダンスで培った軽い身のこなしを武器にする。

2018年までのコスチューム

コスチュームは青空に映えるひまわりをイメージしたカラーリングで、全体のフォルムは影響を受けた仁科鋭美を意識している。

Color´s旗揚げ戦より新しいコスチュームを着用、モチーフはダルメシアン。

得意技[編集]

▪ PK
▪ PKF(ピーケーフラッシュ)
コーナーにいる相手への串刺し式ジャンピングミドルキック。
清水ひかりのオリジナル技。
▪ 水面蹴り
▪ コブラクラッチ
▪ カサドーラ
▪ バズソーキック
▪ スピニング・バズソーキック
回転しながら打つバズソーキック。
▪ ブロックバスター

作品[編集]

ミニアルバム[編集]

  • Princess(2017年9月6日、自主制作CD)入場曲、sw1tch時代の曲など3曲収録。
  • Actwres girl'Z(2018年1月10日、キングレコードより発売)

入場曲[編集]

  • 「LOVE BEAT」清水ひかり
  • 「Setsuna」清水ひかり&月野るか

出演[編集]

テレビ[編集]

  • AbemaTV『全日本パリピ選手権 グランドチャンピオン大会』(2018年9月29日放送)

ラジオ[編集]

  • FMうらやす『☆ミミハピ』メインパーソナリティー
  • entamedia japan『殿のフリーダムズプロレスステーション』ゲスト出演(2018年11月1日〜11月15日迄配信)[17]

舞台[編集]

  • AWG『カウント2.9!』役:ナナ(2018年7月26日 - 7月29日、新木場1stRING)
  • 剱神『LAST-SHINOBI〜くノ一はじめました〜』役:クレア(2018年8月17日、浅草 花やしき座)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ベースボールマガジン社「プロレスラー全身写真名鑑2018」
  2. ^ 清水ひかり”. actwresgirlz. 2018年1月20日閲覧。
  3. ^ CMLLと提携の新団体旗揚げ! J@stに本間多恵・清水ひかり参戦!”. 週刊ファイト (2018年2月5日). 2018年2月3日閲覧。
  4. ^ 清水ひかりブログ ひまわり日記閲覧。
  5. ^ 【夢力!2017ドリームパワーシリーズ ~YOKOHAMA TWILIGHT BLUES vol.4~】 神奈川・横浜ラジアントホール”. 全日本プロレス (2017年3月20日). 2018年1月20日閲覧。
  6. ^ 10/14(土)ホームマッチ~5 試合結果”. ワールド女子プロレス・ディアナ (2017年10月14日). 2018年1月20日閲覧。
  7. ^ ガンプロ 3/21板橋大会 試合結果、2019年2月25日観覧。
  8. ^ プロレスリングWAVE試合結果 、2018年6月18日閲覧。
  9. ^ ベースボールマガジン社「週刊プロレス」2018年10月3日号 No.1977 92頁
  10. ^ バトル・ニュース 11・15 Beginning後楽園ホール大会 試合結果閲覧。
  11. ^ 清水ひかりInstagram閲覧。
  12. ^ 女子プロレスマガジン マーベラス12・24横浜閲覧。
  13. ^ OZアカデミー - 女子プロレス - Official Site 試合結果閲覧。
  14. ^ 覆面MANIA Twitter閲覧。
  15. ^ 「WRESTLE-1 TOUR 2019 OUTBREAK」6.30栃木・足利市民プラザ 小ホール大会 - 試合結果|WRESTLE-1(レッスルワン)公式サイト”. www.w-1.co.jp. 2019年6月30日閲覧。
  16. ^ 清水ひかりTwitter閲覧。
  17. ^ 佐々木貴Twitter閲覧。

関連項目[編集]