清水一嘉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

清水 一嘉(しみず かずよし、1938年11月8日 - )は、イギリス文学者愛知大学名誉教授。

経歴[編集]

兵庫県神戸市生まれ。岡山県立岡山朝日高等学校卒、1962年東北大学文学部英文科卒、1964年同大学院修士課程修了。同年愛知大学教養部講師、1969年助教授、1980年教授、1998年文学部教授[1]。2009年定年退任、名誉教授。専攻は英文学、英国文化史。

2018年秋の叙勲で瑞宝中綬章を受章。

著書[編集]

共編[編集]

  • 第一次大戦とイギリス文学 ヒロイズムの喪失』鈴木俊次共編 世界思想社 2006
  • 『読者の台頭と文学者 イギリス一八世紀から一九世紀へ』小林英美共編 世界思想社 2008

翻訳[編集]

  • ジョージ・ジェファーソン『エドワード・ガーネット伝 現代イギリス文学を育てた生涯』日本エディタースクール出版部 1985

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年