清水信一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
しみず しんいち
清水 信一
生誕 1910年5月10日
日本の旗 石川県江沼郡三谷村
(現 石川県加賀市)
死没 (1969-01-10) 1969年1月10日(58歳没)
職業 宗教家
肩書き 天祖光教 教祖

清水 信一(しみず しんいち、男性、1910年5月10日(明治43年) - 1969年1月10日(昭和44年))は、日本の宗教家である。

生い立ち[編集]

石川県江沼郡大聖寺で生まれる。

天祖光教教祖。天祖光教信者からは、蔽顔の救主(べいがんのくじゅ)と呼ばれる。

1923年8月6日大正12年)、14歳の時に福井県九頭竜川に注ぐ竹田川上流の釜ヶ淵で友人と水浴中突然神隠しにあい、京都鞍馬山に入山。

30歳の初めまで、国内・韓国満州を巡り、天地創造の神「天祖」より世の救いの啓示を受け、1942年昭和17年)、愛知県名古屋市守山区に聖地天母里(てんぼり)を築き、宗教法人天祖光教(てんそこうきょう)を立教する。

著作[編集]

天祖光教の教典である、「スフィンクスの声」を著し、そして「天降の聖歌」を作詞作曲し、360曲からなる「歌聖典」を編纂した。

参考文献[編集]

  • 吉田演男『つさかえとこはに 蔽顔の救主の御足跡を探ねて』今日の話題社、2011年、ISBN 9784875656036

関連[編集]