清水勇人 (サッカー審判員)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
清水 勇人
個人情報
誕生日 (1983-12-13) 1983年12月13日(35歳)
出身地 日本の旗 日本
千葉県市原市[1]
他職業 会社員
国内
リーグ 役割
2013 日本フットボールリーグ 審判員
2014- 日本プロサッカーリーグ 審判員

清水 勇人(しみず はやと、1983年12月13日 - )は、千葉県市原市出身[1]サッカー審判員

来歴[編集]

市原高校3年の時に4級審判員資格を、23歳で3級、25歳で2級審判員の資格を取得し、2010年に日本サッカー協会 (JFA) の審判養成学校であるJFAレフェリーカレッジに7期生として入学[2]。2011年12月に1級審判員の資格を取得し[3]、2013年から日本フットボールリーグ (JFL) で主審を担当、2014年から日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)の審判員として登録された[4]

担当試合でレッドカードを出す割合が多いといわれており(J2・J3担当77試合で20枚のレッドカードを提示)、2018年6月16日に行われたJ2第19節松本山雅FCvs大分トリニータの試合[注釈 1]後の公式記者会見では松本監督の反町康治がこの試合の清水のレフェリング、さらには主審の判定を評価するべき立場のマッチコミッショナーおよび審判アセッサーの質に対して苦言を呈す場面があった[5][6]

注記[編集]

  1. ^ この試合で、DF岩間雄大が前半22分にレッドカードで退場、さらに代わって入ったDF浦田延尚が微妙な判定でPKを献上し、1-4で松本が敗れている[5]

出典[編集]

  1. ^ a b “全国レベルの試合をつかさどる1級審判員 清水 勇人さん”. シティライフ 市原版. (2013年1月24日). https://www.cl-shop.com/citylife/ichihara/2013/01/24/366/ 2019年1月14日閲覧。 
  2. ^ 公益財団法人 日本サッカー協会 平成21年度 第7回理事会 (PDF) - 2009年11月12日公表、2019年1月14日閲覧。
  3. ^ 2012年 新1級審判員・新女子1級審判員リスト (PDF) - 財団法人 日本サッカー協会 2011年度 第9回理事会 資料、2012年1月12日公表、2019年1月14日閲覧。
  4. ^ “Jリーグが2014シーズンの審判員を発表、主審が53名に増加”. ゲキサカ. (2014年2月5日). https://web.gekisaka.jp/news/detail/?132386-132387-fl 2019年1月14日閲覧。 
  5. ^ a b 2018 明治安田生命 J2リーグ 第19節 VS 大分トリニータ”. 松本山雅FC公式サイト. 2019年1月14日閲覧。
  6. ^ “「これでは日本のサッカーが終わってしまう」反町監督が激怒。審判とアセッサー、コミッショナーの質に言及”. サカノワ. (2018年6月16日). http://sakanowa.jp/topics/6201 2019年1月14日閲覧。