清水博 (科学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

清水 博(しみず ひろし、1932年 - )は日本の科学者東京大学名誉教授、NPO法人「場の研究所」所長。薬学博士。専門は、生命科学場所論。諸学の統合的視点から生命を解明するバイオホロニクス(生命関係学)の研究に取り組んでいる。

人物・来歴[編集]

1932年愛知県瀬戸市生まれ。愛知県立瀬戸高等学校を経て、1956年東京大学医学部薬学科卒業。同大学院化学系研究科修了。九州大学理学部教授、東京大学薬学部教授などを歴任。1993年、東京大学を退官し、金沢工業大学情報工学科教授として「場の研究所」を設立。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『生命を捉えなおす――生きている状態とは何か』(中央公論社 中公新書, 1978年)
  • 『生命知としての場の論理――柳生新陰流に見る共創の理』(中央公論社 中公新書, 1996年)
  • 『生命と場所――創造する生命の原理』(新装版, NTT出版, 1999年)
  • 『場の思想』(東京大学出版会, 2003年 新装版(UPコレクション), 2014年)
  • 『コペルニクスの鏡』(平凡社, 2012年)
  • 『<いのち>の普遍学』(春秋社, 2013年)
  • 『〈いのち〉の自己組織――共に生きていく原理に向かって』(東京大学出版会, 2016年)

共著[編集]

共編著[編集]