清水希容

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
清水 希容
K1PL Berlin 2018-09-16 Female Kata 108.jpg
Karate1 Premier League Berlin 2018
個人情報
フルネームしみず きよう
国籍日本の旗 日本
生誕 (1993-12-07) 1993年12月7日(27歳)
大阪府吹田市
身長160 cm (5 ft 3 in)
体重57 kg (126 lb)
スポーツ
日本の旗 日本
競技空手道
種目
獲得メダル
空手道
日本の旗 日本
オリンピック
2020 東京
世界空手道選手権大会
2014
2016
2018
ワールドゲームズ
2017 ヴロツワフ
世界ジュニア空手道選手権大会
2011
世界21アンダー空手道選手権大会
2013
アジア競技大会
2014 仁川
2018 ジャカルタ
アジア シニア空手道選手権大会
2015
2018
2019

清水 希容(しみず きよう、1993年12月7日 - )は、日本空手家大阪府吹田市出身。ミキハウス所属[1]関西大学文学部卒業[2]

世界空手道選手権大会の個人形で、2014・2016年と大会2連覇している[3]全日本空手道選手権大会では、2013年から2019年まで7連覇している[4]

2019年12月 プレミアリーグ マドリード大会終了時のランキングポイントで全日本空手道連盟が定めた日本代表選手選考基準[5]の条件を満たす事となり、2020年東京オリンピック女子 形で銀メダルを獲得した[6][7]

東京オリンピック前には、空手男子形 日本代表の喜友名諒と共に稽古を行っていた(喜友名諒は東京オリンピックで金メダルを獲得している)。

主な戦績[編集]

女子形 個人戦 [8][9]

世界大会・アジア大会[編集]

マレーシアの旗 マレーシア:マラッカ 優勝
  • 2013年 世界21アンダー空手道選手権大会
スペインの旗 スペイン:グアダラハラ 優勝

KARATE1 プレミアリーグ[編集]

  • 2014年 沖縄 優勝
  • 2015年 沖縄 優勝
  • 2016年 パリ 優勝、ザルツブルク 優勝
  • 2017年 ロッテルダム 優勝
  • 2018年 パリ 優勝、ドバイ 3位、イスタンブール 準優勝、ベルリン 優勝、東京 優勝
  • 2019年 パリ 優勝、ドバイ 準優勝、ラバト 優勝、上海 準優勝[11]、東京 優勝[12]、マドリード 準優勝
  • 2020年 パリ 3位

KARATE1 シリーズA[編集]

  • 2017年 イスタンブール 優勝、ザルツブルク 3位、沖縄 優勝
  • 2018年 グアダラハラ 優勝、ザルツブルク 優勝
  • 2019年 ザルツブルク 準優勝、イスタンブール 準優勝

全日本空手道選手権大会[編集]

  • 2012年(第40回)準優勝
  • 2013年 - 2019年(第41回 - 47回)優勝:7連覇

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ 清水希容 (空手道) - ジャカルタ・パレンバン アジア競技大会2018”. JOC. 2019年6月12日閲覧。
  2. ^ 卒業生の清水希容さんが、アジア大会2018で金メダルを獲得”. 関西大学. 2020年4月20日閲覧。
  3. ^ “空手世界選手権・女子個人形連覇の清水希容”. 東スポWeb (東京スポーツ). (2016年11月2日). https://www.tokyo-sports.co.jp/fight/karate/612552/ 2019年6月12日閲覧。 
  4. ^ 清水希、圧巻の7連覇 全日本空手・女子形”. 時事通信社 (2019年12月8日). 2019年12月9日閲覧。
  5. ^ 2020年東京オリンピック選考基準について”. 全日本空手道連盟 (2019年9月24日). 2019年12月2日閲覧。
  6. ^ 喜友名諒、清水希容、西村拳の五輪が決定 金メダル最有力”. スポーツ報知 (2019年12月2日). 2019年12月2日閲覧。
  7. ^ 空手形・清水希容が銀メダル 長年のライバル・サンチェスに屈する/デイリースポーツ online” (日本語). デイリースポーツ online. 2021年8月5日閲覧。
  8. ^ 大会結果一覧”. 全日本空手道連盟. 2019年6月12日閲覧。
  9. ^ WKF Ranking - Category:FEMALE KATA(KIYOU SHIMIZU)”. WKF. 2019年6月12日閲覧。
  10. ^ アジア大会 清水希容、2大会連続「金」 空手・女子形”. 毎日新聞 (2018年8月25日). 2019年6月12日閲覧。
  11. ^ 清水希容 女王返り咲きへ 呼吸音が難題に…高い音漏れれば減点「ショック」”. デイリースポーツ (2019年6月10日). 2019年6月12日閲覧。
  12. ^ “東京五輪で金メダルの可能性大。空手「形」男女のエースが圧巻の優勝”. web Sportiva (集英社). (2019年9月10日). https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/othersports/fight/2019/09/10/___split_20/ 2019年9月11日閲覧。 

関連項目[編集]