清水成駿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

清水 成駿(しみず せいしゅん、1948年 - 2016年8月4日)は、東京都出身の競馬評論家

略歴[編集]

1972年明治学院大学経済学部卒業と同時に、父の経営する印刷会社が請け負っていた縁で[1]競馬専門紙1馬に入社。旧東京系のトラックマンとなり、20代の若さで評論家、35歳と異例の速さで取締役編集局長に就任。

同紙で長年に渡り担当したコラム「今日のスーパーショット」をはじめ、ラジオ日本 土曜・日曜競馬実況中継やスポーツ紙、週刊誌などで「走らせる側に立って考える」という[2]独特の予想理論を展開。人気薄の馬に敢然と本命印を打ち孤独の◎[3]として人気を集めていた。

2001年末に文筆業に専念するとして1馬を退社したが、その後もフリーランスで競馬評論を続けていた。友人の塩崎利雄に対し、小説の執筆に挫折した旨を語っている[4]2003年より東京スポーツで「馬単三国志」を連載。2006年には馬券予想会社を立ち上げる。そのほか『競馬最強の法則』(KKベストセラーズ)などで活動していた。

2016年8月4日死去[5]。67歳没。

予想例[編集]

過去の出演番組[編集]

書籍[編集]

  • マジで競馬と戦う本(1983年、ベストセラーズ)ISBN 978-4584005194
  • 清水成駿の穴馬券に乾杯(1987年、ベストセラーズ)ISBN 978-4584006412
  • 清水成駿の「馬は何でも知っている」(1994年、オプトコミュニケーションズ)ISBN 978-4072158357
  • 清水成駿の競馬新聞で逢おう(1995年、朝日ソノラマ)ISBN 978-4257034179
  • 競馬 無敵の「孫子流21攻略」(2007年、ベストセラーズ)ISBN 978-4584121603

脚注[編集]

  1. ^ 『実録 極道記者』(塩崎利雄著、祥伝社、2007年。ISBN 978-4396411008)p.303
  2. ^ 『マジで競馬と戦う本』p.44
  3. ^ 「“清水の孤独の◎を追っかけろ!”なんてフレーズで売り出していただいてはいるが―」(『マジで競馬と戦う本』p.2)
  4. ^ 『実録 極道記者』p.309
  5. ^ “競馬予想家の清水成駿さん死去”. 東京スポーツ. (2016年8月5日). http://www.tokyo-sports.co.jp/race/horse/575600/ 2016年8月5日閲覧。