清水敏男 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
清水 敏男
しみず としお
生年月日 (1963-08-24) 1963年8月24日(54歳)
出生地 福島県いわき市
出身校 日本大学法学部卒業
所属政党 自由民主党→)
無所属
公式サイト 福島県いわき市長 清水敏男公式サイト

当選回数 2回
在任期間 2013年9月28日 - 現職

選挙区 いわき市選挙区
当選回数 4回
在任期間 1999年4月30日 - 2013年7月3日

当選回数 2回
在任期間 1992年 - 1999年
テンプレートを表示

清水 敏男(しみず としお、1963年8月24日 - )は、日本政治家福島県いわき市長(2期)。

福島県議会議員(4期)、いわき市議会議員(2期)を歴任した。

概要[編集]

福島県いわき市出身[1]。いわき市立湯本第一小学校、いわき市立湯本第一中学校福島県立磐城高等学校卒業。日本大学法学部を卒業後、衆議院議員鴻池祥肇の秘書を務める。

1992年いわき市議会議員選挙に出馬し初当選。市議を2期務める。全国若手市議会議員の会創設に参画し、初代会長となる。1999年福島県議会議員選挙に自由民主党公認で出馬し初当選。2013年7月3日、4期目の途中で県議職を辞職[1]

2013年9月8日のいわき市長選挙に無所属で出馬。現職の渡辺敬夫(無所属、日本維新の会公明党推薦)、元衆議院議員の宇佐美登(無所属)、教会伝道者の五十嵐義隆(無所属)ら3候補を破り初当選。得票数は、清水が55,367票、渡辺が48,179票、宇佐美が31,402票、五十嵐が3,377票。投票率は51.13%[2][3][4]。同年9月28日、市長就任[5]

2017年9月10日のいわき市長選に無所属(自民党いわき総支部推薦)で出馬し、元職の渡辺敬夫 (無所属)と新人の宇佐美登 (無所属)を破り再選。得票数は、清水が59,814票、渡辺が37,670票、宇佐美が36,411票。投票率は49.13%[6]

脚注[編集]