清水武明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

清水 武明(しみず たけあき)は旧日本海軍の軍人。なお、高崎経済大学名誉教授の清水武明 (教育者)とは別人であり血縁関係もない。

戦歴[編集]

海軍第131航空隊、夜戦隊に所属。 太平洋戦争中の1945年8月8日夜、アメリカ軍占領下の「沖縄基地夜間攻撃」の命を受け彗星夜戦1編隊(8機)の戦九〇一号機(操縦・中野増男上飛曹/偵察・清水武明少尉)に搭乗して出撃する。友機とともに敵飛行場内の一箇所炎上、伊江島にて大火災発生の戦果をあげるが、残波岬の北北東上空において、アメリカ海兵隊第542夜戦飛行隊のウイリアム・E・ジェニングス少尉機(F6F‐5N夜戦)により撃墜され戦死した。 〔参考文献:日本近代戦史叢書〕