清水禎宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
清水禎宏 Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム しみず よしひろ
ラテン文字 Yoshihiro Shimizu
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技 (短距離走)
種目 100m
大学 筑波大学
生年月日 (1959-06-18) 1959年6月18日(58歳)
出身地 福岡県[1]
成績
地域大会決勝 アジア大会
100m 7位 (1982年)
4x100mR 3位 (1982年)
国内大会決勝 日本選手権
100m 優勝 (1981年, 1982年)
自己ベスト
100m 10秒40 (1982年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

清水 禎宏(しみず よしひろ、1959年6月18日 - )は、福岡県出身の元陸上競技選手。専門は短距離走100mの元日本記録保持者。

経歴[編集]

筑波大学時代の1981年に日本選手権100mを初制覇。松江第四中学校教員時代の1982年には、7月3日のニッカンナイター陸上100mで10秒48(+0.9)の日本タイ記録を樹立、9月の日本選手権100mで連覇を達成、10月6日の国体成年A100mで10秒40(+1.8)の日本新記録を樹立、11月のアジア大会では100mで7位・4×100mリレーで1走を務めて銅メダル獲得に貢献するなど活躍した。

主要大会成績[編集]

国際大会[編集]

大会 場所 種目 結果 記録
1982 第3回8カ国対抗 日本の旗 東京 100m 8位 10秒56
4x100mR 5位 39秒57 (1走)
第9回アジア大会 (en インドの旗 ニューデリー 100m 7位 10秒82
4x100mR 3位 39秒97 (1走)
1983 第12回ユニバーシアード (en カナダの旗 エドモントン 100m 1次予選 10秒90 (-1.02)
4x100mR 7位 39秒90 (1走)
1984 第4回8カ国対抗 日本の旗 東京 4x100mR 6位 40秒18 (2走)
『日本陸上競技連盟七十年史』参照[2]

日本選手権[編集]

  • 6位以内の成績を収めた大会を記載
大会 種目 結果 記録
1979 第63回日本選手権 100m 5位 10秒75 (0.0)
1980 第64回日本選手権 100m 6位 11秒15 (-2.1)
1981 第65回日本選手権 100m 優勝 10秒72 (-0.6)
1982 第66回日本選手権 100m 優勝 10秒70 (+1.2)
1983 第67回日本選手権 100m 5位 11秒11 (-1.7)
1985 第69回日本選手権 100m 6位 10秒68 (0.0)
『日本陸上競技連盟七十年史』参照[3]

日本ランキング[編集]

  • 10位以内に入った記録を記載
  • 電動計時のランキングを記載
種目 ランク 記録 所属
1981 100m 8位 10秒69 筑波大学
1982 100m 1位 10秒40 筑波大学
1983 100m 8位 10秒61 島根県教育委員会
1984 100m 3位 10秒43 島根県教育委員会
『日本陸上競技連盟七十年史』参照[4]

参考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 松江北高校・清水禎宏監督の 「 Eco-Sprint 」~ ミニハードルとサーキットでつくる効率的走法 ~”. ジャパンライム (2017年9月19日). 2017年9月19日閲覧。
  2. ^ 日本陸上競技連盟七十年史編集委員会「競技会記録 / 国際競技会」、『日本陸上競技連盟七十年史』、ベースボール・マガジン社、1995年9月4日発行、 1061-1123頁。
  3. ^ 日本陸上競技連盟七十年史編集委員会「競技会記録 / 日本選手権大会」、『日本陸上競技連盟七十年史』、ベースボール・マガジン社、1995年9月4日発行、 869-946頁。
  4. ^ 日本陸上競技連盟七十年史編集委員会「年度別日本10傑」、『日本陸上競技連盟七十年史』、ベースボール・マガジン社、1995年9月4日発行、 739-868頁。
  • 清水禎宏 - All-Athletics.comのプロフィール(英語)
記録
先代:
神野正英
(10秒48)
1975年5月31日
男子100m
日本記録保持者
(10秒48 - 10秒40)

1982年7月3日 - 1984年
次代:
飯島秀雄
(10秒34)
1964年10月14日
1984年に過去に遡及して公認された記録