一条実秋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
一条実秋
時代 室町時代初期 - 前期
生誕 不詳
死没 応永27年4月21日1420年6月2日
別名 清水谷実秋
官位 従二位権大納言
主君 後小松天皇称光天皇
氏族 清水谷家
父母 父:一条公勝
兄弟 一条季有、実秋
清水谷公知
テンプレートを表示

一条 実秋(いちじょう さねあき)は、室町時代初期から前期にかけての公卿能書家清水谷 実秋(しみずだに さねあき)とも。権中納言・一条公勝の子。官位従二位権大納言清水谷家の事実上の初代とされている。

経歴[編集]

応永15年(1408年)に正四位下に叙せられて右近衛中将から参議に転じる。翌年には土佐権守を兼ね(同20年まで)、応永17年(1410年)には従三位、その翌年には正三位となる。

応永21年(1414年)、備前権守を兼ね、翌年兼職を辞して従二位・権中納言となる。応永26年(1419年)に権中納言を辞する。翌年に権大納言となるがその年に薨去した。

同じ西園寺家庶流の清水谷家(西園寺公経の兄公定の系統)が断絶した時に実秋がその所領を継承したが、その際に「清水谷」の家号を一時期用いた。その後、実家一条家では兄二人が先に死去したため、一条家をも継承した。しかし跡を継いだ公知(兄季有の子)は同じ家名の摂関家と区別するためにかつて養父実秋が用いた「清水谷」をそのまま家号として常用したため、子孫はそのまま清水谷家と呼ばれるようになった。公知の子実久は権大納言にまで昇ったが、橋本家から迎えた養子の公松(実久の実孫にあたる)は若くして没して清水谷家は断絶した。同家の再興は江戸時代に入ってからの事になる。

書を世尊寺行俊に師事し、能書で知られた。書道が清水谷家の家業となったのも実秋以降のこととされる。また、その関係で、応永14年(1407年)に行俊が幼少の嗣子行豊を残して死去した際、世尊寺家の所領や書道の宗匠的地位を一時預かった。後に世尊寺家が行豊の子行康で絶えたとき、清水谷実久の子行季が入り世尊寺家を継いでいる。しかし結局世尊寺家は行季をもって断絶した。

参考文献[編集]

  • 橋本政宣 編『公家事典』、吉川弘文館、2010年