清水麻椰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
しみず まや
清水 麻椰
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 兵庫県神戸市
生年月日 (1995-12-20) 1995年12月20日(24歳)
最終学歴 同志社女子大学表象文化学部
勤務局 毎日放送
活動期間 2019年 -
出演番組・活動
出演中 ちちんぷいぷい
サタデープラス
+ music
ばんぱく宣言 われら21世紀少年団
アナウンサー: テンプレート - カテゴリ

清水 麻椰(しみず まや、1995年12月20日 - )は、毎日放送(MBS)アナウンサー

経歴[編集]

兵庫県神戸市の出身で、清水家の次女として誕生。麻椰(まや)という名前は神戸市内にそびえる摩耶山(まやさん)に由来していて、同市内が阪神・淡路大震災に見舞われたことを受けて、両親が「神戸らしい地名を名前に入れたい」という理由で付けたという。

兵庫県立夢野台高等学校から同志社女子大学表象文化学部へ進学。大学卒業後の2019年4月1日付で、野嶋紗己子と共に、アナウンサーとして毎日放送に入社した。同局が放送対象地域(関西地方)内の大学から新卒扱いでアナウンサーを採用した事例は、森本尚太同志社大学から2015年に入社)以来4年振りで、女性では斎藤裕美神戸大学から2008年に入社→ラジオ営業部への異動・退社を経て2015年7月からフリーアナウンサー)以来11年振りである。

ニックネームは「まや」「まやどん」「まーやん」。毎日放送への入社後は、野嶋とのコンビ(または週替わり)でテレビ・ラジオ番組に登場する機会が多く、2019年9月から出演中の『ちちんぷいぷい』(テレビの情報番組)では「しみのじ(清水と野嶋)の"しみ"(清水の方)」とも呼ばれている。また、野嶋からは「まやどん」というニックネームを付けられたという。

2020年1月からは、「+music」(毎日放送のテレビ・ラジオにおける音楽番組のレーベル名)を冠した番組へのレギュラー出演が相次いでいる。同年4月からは、『サタデープラス』(毎日放送本社からのTBSテレビ系列全国ネット向け生放送番組)のナビゲーターも担当。

人物[編集]

  • 幼少のころ、物干し竿にぶら下がる癖があり、両親からは「将来は体操選手だ」と期待されていた。また、5歳でスキーを始めている。
  • 内田理央川口春奈に似た顔立ちが特徴。
  • 趣味は劇団四季ミュージカル鑑賞などで、小学生時代には合唱団に所属。「NHK全国学校音楽コンクール」の全国大会に3年連続で出場した経験を持つ。毎日放送入社後の出演番組では、『鬼滅の刃』などのアニメーション作品や、きのこ帝国2020年解散)が活動中に発表した楽曲が好きなことを公言している。
  • 海外旅行も好きで、同志社女子大学への在学中に一時、カナダへ語学留学。留学中には、バンクーバーホームステイを経験した。
  • 中学ではバスケットボール部、高校では女子サッカー部に所属。サッカー部でのポジションはセンターバックで、兵庫県大会の準優勝も経験している[1]。その経歴を買われて、毎日放送入社1年目の2019年には、『GAMBA TV』(MBSテレビガンバ大阪情報・応援番組)の年末恒例企画「GAMBA TV アウォーズ」のアシスタントに抜擢された。毎日放送アナウンサーからのアシスタント起用は、先輩アナウンサーの松本麻衣子2014年まで務めて以来5年振りで、新人からは初めてである。
  • 同志社女子大学への進学を機に一人暮らしを目論んでいたが、実際には果たせず、神戸市の北部(本人曰く「摩耶山の北側」)にある実家から往復4時間の「痛学」をしなければならなかった。実家暮らしは、前述したバンクーバーへの語学留学期間をはさんで、毎日放送への入社2年目(2020年)の4月まで継続。宿直勤務に加えて、早朝からの勤務を控えている場合にも、前夜から大阪市内の同局本社に泊まり込むことを認められていたという。同年5月からは、上記の勤務や担当番組の増加などを背景に、念願の一人暮らしを始めている。
  • 大学への在学中に、今宮戎神社の「福娘」に選出。毎日放送入社1年目の2020年1月10日十日戎)には、『ちちんぷいぷい』向けの取材を兼ねて、「十日戎」の恒例行事である宝恵駕(ほえかご)行列へ野嶋とともに晴れ着姿で参加した[2]。ちなみに、毎日放送の先輩アナウンサーでは、古川圭子松井愛(かつて選出されていた「ミス福娘」)、上田悦子も大学生時代に「福娘」を経験している。
  • 2019年12月1日には、『ちちんぷいぷい』金曜日の企画で第9回大阪マラソンフルマラソンの部に参加。フルマラソン初挑戦ながら、4時間28分30秒(速報値)というタイムで完走した。大阪マラソンでは第9回にコースを初めて変更している[3] が、このタイムは、過去に同番組から参加した毎日放送の女性アナウンサーでは最も速い[4]。ちなみに、ホノルルマラソンでフルマラソンを経験した後に第3回大阪マラソン(2015年)で旧コースにおける最速記録(4時間50分50秒)を樹立した豊崎由里絵2019年10月30日付で毎日放送を退社)からは、退社の前後に「どんなに辛くても、足を動かしてさえいればいつかは(ゴールに)着くから、絶対に足を止めないで」というアドバイスを送られていたという[5]

出演番組[編集]

現在[編集]

  • MBSニュース(テレビ・ラジオとも不定期で担当)
    • 同期入社の野嶋より先に、2019年8月20日のラジオ版(『松井愛のすこ〜し愛して♥』内11時台)で「初鳴き」(番組デビュー)。同年の10月改編からは、野嶋との隔週交代で土曜深夜~日曜早朝の宿直勤務に就く関係で、テレビ版を担当することもある。

テレビ[編集]

  • ちちんぷいぷい
    • 自己紹介を兼ねて、2019年8月5日月曜日)放送分で、野嶋と共にスタジオへ初登場。テレビ・ラジオを通じても初めての番組出演で、新人研修の模様に密着した映像も放送された。
    • 2019年8月23日金曜日)放送分に、前述した「初鳴き」の紹介を兼ねて、野嶋とのコンビで再び出演した。その際に大阪マラソンへの挑戦を突然言い渡されたことから、同年9月から12月6日まで、野嶋との隔週交代で「しみのじチャレンジ!ラララ♪ラン」(金曜日のエンディング間際に放送される期間限定コーナー)へ出演。清水は「ラン」(大阪マラソン)担当のチャレンジャーとして、9月13日放送分から登場していた。同コーナーの終了後も、金曜日を中心に、メインコーナー「きょうの☆印」向けのリポートを不定期で担当。
    • 2019年の10月第3・4週に編成されている『ちちんぷいぷい おかげさまで20歳~やりたいことをつめこんだヤバイ10日間スペシャル~』(放送開始20周年を記念したスペシャルウィークス)では、「キッチンぷいぷいPresents 茶屋町秋のパン祭り」(料理コーナー「キッチンぷいぷい」に出演の料理人9名と山崎製パンコラボレーションによる日替わり惣菜パンの数量限定販売企画)で、毎日放送本社M館(大阪市北区茶屋町)玄関前に停車中のキッチンカーからの生中継リポートを、マルセイユ (津田康平・別府貴之)と交互に(または共同で)担当。
    • 2020年4月改編からは、野嶋との共同名義による冠コーナーのレギュラー化(コーナー名は「しみのじ新発見!」)に伴って、水曜日に野嶋との隔週交代でレギュラー出演を再開。毎日放送への入社2年目(2020年4月1日)に放送された第1回から、野嶋に先んじてロケリポートとスタジオ報告を担当している。
    • 2020年10月改編から毎週月曜日に「SDGsのススメ」(国際連合が定める「SDGs17の目標」関連の取材・報告を17人のアナウンサーで分担する企画)を放送することに伴って、「しみのじ新発見」と並行しながら、2番目の目標(「飢餓をゼロに」)関連の取材と報告も担当。
  • + music(第4代ナレーター→女性MC、2019年10月8日 - )
  • サタデープラス2020年4月4日 - )
    • ナビゲーターとして、テレビ・ラジオを通じて全国ネット番組にレギュラーで出演。
  • コトノハ図鑑→「へぇ~のコトノハ」(不定期)
    • 所属する毎日放送アナウンサー室の企画で、2018年7月から2020年3月まで『コトノハ図鑑』(事前収録のレギュラー番組)として放送された後に、2020年4月改編から『ちちんぷいぷい』月・水曜日のレギュラーコーナー「へぇ~のコトノハ」へ移行。水曜日には、「しみのじ新発見!」とセットで放送される。
    • 『コトノハ図鑑』には、2019年9月8日放送分のトークパート(毎日放送アナウンサー室の一角で収録)に野嶋とのコンビで登場したことを皮切りに、調査ロケやトークパートへ随時出演していた。
  • ミント!(水曜日の「わざわざグルメ調査隊」でロケリポートを随時担当)
    • 2019年11月20日放送分の「わざわざグルメ調査隊」(本来はシャンプーハットてつじと辻沙穂里がコンビでリポートを担当するグルメロケ企画)で、胃腸炎の発症によってロケに参加できなかった辻の代役として初出演。辻が同年12月の結婚を経て2020年に第一子を懐妊したことから、同年9月以降の放送分では、シニアアナウンサー(入社時のアナウンス部長)の関岡香と交互にロケへ同行している。

2019年9月からは、放送予定のテレビ番組を紹介する関西ローカル向けスポットCMのオープニング映像にも、単独(または野嶋とのコンビ)で登場している。

ラジオ[編集]

  • ばんぱく宣言 われら21世紀少年団2019年11月1日 - )
    • 同期入社の野嶋、1年先輩(2018年入社)の三ツ廣政輝辻沙穂里と共にパーソナリティを担当。MBSラジオでは初めてのレギュラー番組に当たる。三ツ廣とは、2020年4月から『サタデープラス』でも共演。
  • DJ KO-TAROの+musicレディオ(2020年1月4日 - 、基本として毎週土曜日 → 火曜日2:00 - 2:30)
    • スタジオ収録でのアシスタントに加えて、アーティストへのインタビューを随時担当。

以下の番組にはいずれも、不定期で出演。

  • あどりぶラヂオ
    • 2019年10月8日以降の水曜未明放送分で、自己紹介を兼ねて、野嶋と交互に一部のパートを事前収録のモノローグ方式で30分間進行。2019年の最終放送(12月31日未明放送分)からは、全編のパーソナリティを、単独で随時担当する(当初は事前収録分のみ→2020年9月17日未明から生放送にも出演)。
  • 上泉雄一のええなぁ!
    • 2019年11月25日(月曜日)に、「知ってええなぁ!ちなみNEWS」「日本全国留守電大賞」「週刊カネスポ」へ出演している先輩アナウンサー・藤林温子の休暇に伴って、野嶋と共に以上3コーナーへ登場。「日本全国留守電大賞」以外のコーナーでは、野嶋と交互に進行役も務めた。2020年2月以降は、「ちなみNEWS」を単独で担当することがある。

過去[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

以下の番組にはいずれも、野嶋と揃って出演。

以下はいずれも、2020年初頭からの新型コロナウイルス感染症の拡大を背景に急遽編成された特別番組。

  • なにわ演芸荘~よしもと 見取り図の部屋~(2020年3月24日4月15日
    • 新型コロナウイルス感染拡大の影響で3月20日に予定されていたNPBレギュラーシーズンの開幕が6月19日まで延期されたことに伴って、 『MBSベースボールパーク』のナイトゲーム基本中継枠(18:00 - 21:00)で放送。
  • MBS +musicスペシャル~関西エンタメのいま 業界人に聞いてみた!~(2020年5月25日6月29日
    • 新型コロナウイルス感染拡大の影響で活動の縮小・一時休止を余儀なくされている関西地方関連・出身の「業界人」(アーティストやエンタテイメント関連業界関係者)に焦点を当てた特別番組で、大阪市内ライブハウスMusic Club JANUS」を経営する岸本優二(「U.G.」という名義で『U.K. BEAT FLYER』にレギュラーで出演)と共にパーソナリティを担当。

脚注[編集]

[脚注の使い方]