清洲東インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
清洲東インターチェンジ
外回り(上社JCT方面)入口(下側) 直上は清洲JCT料金所
外回り(上社JCT方面)入口(下側)
直上は清洲JCT料金所
所属路線 C2 名古屋第二環状自動車道
(上社方面)
IC番号 17
料金所番号 06-145(第一・入口)
06-233(第一・出口FF)[1]
本線標識の表記 清洲東
起点からの距離 32.4[2] km(名古屋南JCT[2]起点)
平田IC (0.6 km)
(0.6 km) 清洲JCT
所属路線 C2 名古屋第二環状自動車道
(四日市方面)
料金所番号 06-161(第二・入口)
06-236(第二・出口FF)[1]
本線標識の表記 清洲東
起点からの距離 33.8 km(名古屋南JCT起点)
清洲JCT (0.8 km)
(2.2 km) 清洲西IC
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0022.svg国道22号
Japanese National Route Sign 0302.svg国道302号[2]
供用開始日 1988年3月23日[2]
通行台数 x台/日
所在地 452-0845(第一料金所)
452-0932(第二料金所)
愛知県名古屋市西区中沼町(第一料金所)[2]
愛知県清須市朝日(第二料金所)[2]
テンプレートを表示

清洲東インターチェンジ(きよすひがしインターチェンジ)は、愛知県名古屋市西区清須市にある名古屋第二環状自動車道インターチェンジである[2]

概要[編集]

直交する国道22号名岐バイパス)を挟んで、東側に上社JCT名古屋南JCT方面への入口と同方面からの出口が、西側に名古屋西JCT方面への入口と同方面からの出口が設けられている[3]

インターチェンジ名称は清洲東の漢字を採用しており、市名の清須市とは異なる[4]

歴史[編集]

  • 1988年(昭和63年)3月23日 : 東名阪自動車道名古屋西IC - 清洲東IC間開通と同時に当ICを開設[5]
  • 1991年(平成3年)3月19日 : 勝川IC - 当IC間開通[6]
  • 2011年(平成23年)3月20日 : 所属路線名称を名古屋第二環状自動車道(名二環)に変更[7]

周辺[編集]

インターチェンジから少し進むと北名古屋市に入り、利用圏内になっている。

接続する道路[編集]

  • 間接接続
    • 国道22号(朝日交差点から)

料金所[編集]

レーン運用は、時間帯やメンテナンスなどの事情により変更される場合がある[8]

第一料金所(上社・名古屋南JCT方面入口)[編集]

  • レーン数 : 2[8]
    • ETC専用 : 1
    • ETC/一般 : 1

第二料金所(名古屋西JCT・四日市方面入口)[編集]

  • レーン数 : 3[8]
    • ETC専用 : 1
    • 一般 : 1
    • 休止 : 1

[編集]

C2 名古屋第二環状自動車道
(16) 平田IC - (17) 清洲東IC/(17-1) 清洲JCT - (18) 清洲西IC

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b ETC利用可能エリアと料金所番号(中部・北陸)” (日本語). NEXCO東日本. 2015年9月5日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i イカロス出版 2011, pp. 34 - 35.
  3. ^ http://media2.c-nexco.co.jp/images/charge/170717668153c76499bb91d.pdf
  4. ^ ご利用のご案内” (日本語). NEXCO中日本. 2015年9月6日閲覧。
  5. ^ “東名阪自動車道 清洲東 - 名古屋西間が開通”. 中日新聞夕刊: p. 12. (1988年3月23日) 
  6. ^ “東名阪 勝川 - 清洲東 華やかに開通 高速2号と接続”. 中日新聞夕刊: p. 1. (1991年3月19日) 
  7. ^ “名二環開通 302号も同時開通”. 中日新聞朝刊: p. 23. (2011年3月21日) 
  8. ^ a b c 料金所ナビまっぷ 東名阪道・名二環・伊勢道・紀勢道 (PDF)” (日本語). NEXCO中日本. 2015年9月5日閲覧。

参考文献[編集]

  • イカロス出版 『東名高速道路をゆく』〈イカロスMOOK〉、2011年。ISBN 978-4-86320-484-3。 

関連項目[編集]