清瀬市警察官殺害事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

清瀬市警察官殺害事件(きよせしけいさつかんさつがいじけん)とは、1992年(平成4年)2月14日東京都清瀬市で発生した事件。2007年2月14日、未解決のまま公訴時効を迎えた。

概要

1992年2月14日午前3時20分頃、東京都清瀬市旭が丘2丁目にある警視庁東村山警察署旭が丘交番(当時は「派出所」)で、当時42歳であった巡査長が血を流して倒れているのが発見された(近くの新聞配達員が発見)。通常、交番勤務は2人一組で待機しているが、他の警察官はその当時通報を受けた別の一件に出ており、巡査長のみの隙を狙った犯行であった。巡査長は首・胸などを刺されており、病院に搬送されたが午前4時頃に死亡が確認された。拳銃が奪われているがその後使われた形跡はないという。

2006年2月14日公訴時効まであと1年と迫ったことを受け、東村山署防犯協会は犯人検挙に最も貢献した情報に対して懸賞金300万円を支払うことを決定した。しかし懸命な捜査もむなしく、2007年2月14日午前零時に公訴時効を迎えた。現在は殺人事件としての捜査、および懸賞金の支払いは行っていないが、奪われた拳銃の捜査は今後も継続される。

関連項目

今日は何の日(10月15日

もっと見る