清瀬規矩雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
清瀬規矩雄

清瀬 規矩雄(きよせ きくお、1878年明治11年)10月11日[1]1944年昭和19年)12月5日[2])は、衆議院議員立憲政友会)、ジャーナリスト

経歴[編集]

大分県宇佐郡四日市町(現在の宇佐市)出身。1897年(明治30年)から欧米各国に留学して法学経済学を学び、サンフランシスコで「日米新聞」の記者となった。1910年(明治43年)に帰国した後は「東京朝日新聞」記者を経て、南満州鉄道株式会社総裁秘書を務めた。

1920年大正9年)、第14回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。原内閣高橋内閣山本達雄農商務大臣の秘書官を務めた[1]1930年(昭和5年)の第17回衆議院議員総選挙から4回連続当選。その間、阿部内閣大蔵政務次官に就任した。

その他、豊国セメント株式会社取締役などを務めた[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『二豊名家言行録』P.130-131
  2. ^ 『政治家人名事典』
  3. ^ 『衆議院要覧』

参考文献[編集]

  • 『二豊名家言行録』 大分県人社、1932年
  • 『衆議院要覧(乙) 昭和十二年十一月』 衆議院事務局1937年
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』 日外アソシエーツ、2003年