清虚道徳真君

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索

清虚道徳真君(せいきょどうとくしんくん)は中国の小説『封神演義』に出てくる崑崙十二大師のひとり。

青峰山・紫陽洞に洞府を構える仙人。黄天化が3歳の頃、その容貌を見て将来大貴の才になると見込み、己の弟子とした。また、紂王を諌めたために両眼をくりぬかれた楊任を救い、眼窩から一対の手を生やし、それぞれの掌に眼をつけた。

十絶陣の戦いで他の兄弟弟子と共に西岐を訪れ、姜子牙たちに助力した。その際に王天君を倒し、紅水陣を破っている。誅仙陣・万仙陣が開かれた際には、他の兄弟弟子たちと共に参戦した。

莫邪宝剣や混元旛などといった宝貝を持っており、黄天化に鎚術を伝授し、乗騎として麒麟を授けた。

今日は何の日(7月24日

もっと見る

「清虚道徳真君」のQ&A