清見村立大原小学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
清見村立大原小学校
国公私立の別 公立学校
設置者 清見村
設立年月日 1875年
閉校年月日 2002年
共学・別学 男女共学
所在地 509-2702
岐阜県高山市清見町大原600[注釈 1]
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

清見村立大原小学校(きよみそんりつおっぱらしょうがっこう)は、岐阜県大野郡清見村大原(現在の岐阜県高山市清見町)にあった小学校。2003年3月閉校。

概要[編集]

校舎は現在自然体験施設「おっぱら自然体験センター」として再活用されている[1]。昭和50年代より在校生一ケタの小規模小学校となり、在校児童の生活はドキュメント映画として、過疎化に悩む小規模学校問題に一石を投じる一端ともなった。

なお、この小学校があった旧・清見村大原地区は、江戸時代の国学者田中大秀が西ウレ峠坂本峠の2つの難関な峠の間に挟まれた集落として紹介し、旧清見村役場から50km離れた「陸の孤島」であったが、1979年に坂本トンネルが開通し飛騨せせらぎ街道の整備が進むと、道の駅パスカル清見など高原リゾートとしての開発が進んだ。また、2003年5月パナウェーブ研究所の構成員が国道(旧道)を不法占拠し、さらにゴールデンウィーク中ということもあり2ちゃんねらーを中心として自然発生的に集まった黒装束集団まで詰め掛けて大騒動となった舞台でもある。

沿革[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 現在の住所表記

参考文献[編集]

  • 清見村誌 下巻 (清見村誌編集委員会編 1976年) P.58 - 121

関連項目[編集]