清貧譚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

清貧譚」(せいひんたん)は、太宰治短編小説

概要[編集]

初出 新潮』1941年1月号
単行本 千代女』(筑摩書房1941年8月25日
執筆時期 下記参照
原稿用紙 25枚

門人の小山清が著した「風貌――太宰治のこと――」という文章に次のような一節がある。「私が初めて太宰さんを三鷹の家に訪ねたのは、太宰さんが甲府から三鷹へ移つた翌年で、昭和十五年の十一月の中旬であつた。(中略) その日太宰さんの机の上には、田中貢太郎訳の『聊斎志異』の原文の箇所がひらかれてあつた。翻訳をしてゐるのかと問ふと、翻案をしてゐるといふ答だつた。翻案といふ言葉は使はなかつたが。『黄英』に取材した『清貧譚』を執筆されてゐたのである」[1]

太宰は新潟高等学校[2]で講演をするために、1940年(昭和15年)11月15日に上野駅を発っている。本作品は同日までに脱稿したものと推定される[3]

前述の『聊斎志異』(北隆堂書店、1929年11月10日、田中貢太郎訳・公田連太郎註)は、もともと妻の美知子の愛読書であり、美知子が1939年(昭和14年)1月に太宰と結婚した際に持参したものの一つであった[4]。なお太宰は同書をもとに『竹青』(『文藝』1945年4月号掲載)という短編も書いている。

あらすじ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 小山清「風貌――太宰治のこと――」 『風雪』1950年7月号収録。
  2. ^ 旧制の新潟高等学校。戦後、新潟大学に包括され、同大学の人文学部および理学部の前身となった。
  3. ^ 『太宰治全集 第4巻』筑摩書房、1989年12月15日、372頁。解題(山内祥史)より。
  4. ^ 菊田義孝 『私の太宰治』大光社、1967年11月1日

関連項目[編集]