清音駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
清音駅
Kiyone sta.jpg
駅舎(2009年12月31日)
きよね
Kiyone
所在地 岡山県総社市清音上中島185-2
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
井原鉄道
電報略号 キネ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線**
乗車人員
-統計年度-
(JR西日本)1,650人/日(降車客含まず)
-2017年-
(井原鉄道)641人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1925年大正14年)2月17日
乗入路線 2 路線
所属路線 V 伯備線*(JR西日本)
駅番号 JR-V06
キロ程 7.3km(倉敷起点)
岡山から23.2 km
JR-V05 倉敷 (7.3 km)
(3.4 km) 総社 JR-V07
所属路線 井原鉄道井原線*
キロ程 3.4 km(総社起点)
総社 (3.4 km)
(2.6 km) 川辺宿
備考 共同使用駅
JR西日本:無人駅[1]
井原鉄道:業務委託駅
* 清音 - 総社間は両線の共用区間。
** うち1面2線は南北を区切り、北側をJR、南側を井原鉄道が使用。
テンプレートを表示
備中高梁・総社方面(2006年7月22日)
倉敷・神辺方面(2006年7月22日)

清音駅(きよねえき)は、岡山県総社市清音上中島にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)・井原鉄道である。

乗り入れ路線[編集]

JR西日本の伯備線と、井原鉄道の井原線が乗り入れる接続駅である。両線は当駅 - 総社駅間で同一線路を共有して、重複区間(別々の会社が同じ線路を持つ扱い)となっている[2][注釈 1]。駅番号はJRの駅のみにJR-V06が割り当てられている[注釈 2]

歴史[編集]

駅構造[編集]

地上駅。配線上は単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線の合計2面3線であるが、島式1面の北側をJR線の1・2番線ホーム、南側を井原鉄道線の井原1・2番線ホームに分け、JR中間改札・井原鉄道駅舎で仕切ることにより2面5線という使い方となっている。

JR駅舎は単式の3番のりば側(西口)に設けられ、島式ホームへは改札内外の2本の跨線橋で連絡している。井原鉄道駅舎は島式ホーム上、JR中間改札の南側にあり、改札外の跨線橋で東口・西口に連絡している。

JRの駅は倉敷駅が管理する無人駅である[1]

井原鉄道の駅も委託駅であり、2014年3月以前は携帯型乗車券類発行機で乗車券・入場券を発売していたが、2014年4月の消費税率引き上げに伴う運賃改定の際、印刷済みの常備券・補充券による発売に移行し、入場券は一旦発売を終了していた。

2016年7月頃にタブレット端末にプリンタを接続した乗車券類発行機で乗車券・入場券を発売するようになり、常備券での販売を終了した(矢掛駅・井原駅・神辺駅も同様。補充券については継続)。

井原鉄道線とJR伯備線・上り(岡山方面)の乗り換えはJR中間改札経由の平面移動が可能であるが、井原鉄道線とJR伯備線・下り(高梁方面)の乗り換えは階段もしくはエレベーターで南北どちらかの跨線橋を渡らなければ行えない。

JR駅・井原鉄道駅とも、当初は西側からしか入ることができなかったが、2010年2月、南側の井原鉄道跨線橋を東側に伸ばすことで駅東口が設置された。東口整備事業の一環として島式ホーム上・井原鉄道駅舎の北側にもJRの簡易改札機と券売機が設置され、南側跨線橋から直接JR改札内へ入場することができるようになった。

JR線ではICOCAが利用可能(相互利用可能ICカードはICOCAの項を参照)。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先 備考
JR
1 V 伯備線 上り 倉敷岡山方面  
2 (井原線列車の通過のみ)  
3 V 伯備線 下り 新見米子方面  
井原鉄道
1 井原線 下り 井原・神辺方面 行違い時のみ
2 井原線 上り 総社行き  
下り 井原神辺方面 通常はこのホーム

JR・井原鉄道の1・2番線は、それぞれ同一線路であるが、前述した通り、井原鉄道駅舎およびJR中間改札で区切られている。元々は駅舎側の下りホームを1番のりば(現在の3番のりば)として順に付番していたが、2019年3月16日のダイヤ改正に合わせて駅舎反対側から順に付番する形に変更された[注釈 3]

原則として、3番線をJR伯備線下り列車、2番線を井原鉄道井原線上下線列車、1番線をJR伯備線上り列車が通る。以前は、当駅で特急を待避するJR線列車が2番線に入っていたが、2009年平成21年)10月のダイヤ修正では設定が無く、2番線は井原鉄道井原線の列車が通行するのみである。また、井原鉄道井原線列車同士の行き違いがある場合は、下り列車が1番線、上り列車が2番線を使用する。

入線メロディは、JRが全ホームとも「汽車」のアレンジ、井原鉄道線ホームは同社オリジナルメロディ(井原鉄道全駅共通)である。

利用状況[編集]

JR西日本の一日平均乗車人員は以下の通りである[注釈 4]。 井原鉄道井原線の平成17、19、21、23、24、26 - 29年は乗降調査未実施のためデータなし。

年度 1日平均乗車人員
JR西日本 井原鉄道
1999 1,850
2000 1,840
2001 1,787
2002 1,714
2003 1,739 661
2004 1,731 594
2005 1,708
2006 1,698 582
2007 1,692
2008 1,688 604
2009 1,724
2010 1,709 530
2011 1,739
2012 1,793
2013 1,858 641
2014 1,869
2015 2,012
2016 1,995
2017 1,974
2018 1,650

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

現在はバスの乗り入れはないが、かつてはバスのりばが駅前にあり、以下の路線が乗り入れていた。

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
V 伯備線
倉敷駅 (JR-V05) - 清音駅 (JR-V06) - 総社駅 (JR-V07)
井原鉄道
井原線
総社駅 - 清音駅 - 川辺宿駅

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 同様に他社の路線が同じ線路を共有している区間はほかにJR西日本が係る区間はほかに七尾線のと鉄道七尾線七尾駅 - 和倉温泉駅間、関西空港線南海空港線りんくうタウン駅 - 関西空港駅間、JR西日本以外ではJR東日本東北本線阿武隈急行阿武隈急行線福島駅 - 矢野目信号場間、東京メトロ南北線都営地下鉄三田線目黒駅 - 白金高輪駅間が存在する。
  2. ^ 井原鉄道は駅番号の導入予定は無い。
  3. ^ 岡山支社管内で配布されていた2019年3月ダイヤ改正のパンフレットに記載あり。
  4. ^ 出典:岡山県統計年報

出典[編集]

  1. ^ a b c d “総社駅などでみどりの窓口廃止へ JR岡山支社、清音駅は無人化”. 山陽新聞. (2020年12月23日). オリジナルの2020年12月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201223101741/https://www.sanyonews.jp/article/1084195 2020年12月23日閲覧。 
  2. ^ a b 「井原鉄道の旅立ち」『鉄道ジャーナル』第33巻第4号、鉄道ジャーナル社、1999年4月、 70-74頁。
  3. ^ 清音駅|駅情報:JRおでかけネット” (日本語). 西日本旅客鉄道. 2020年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月23日閲覧。
  4. ^ “「人ならではのサービス」の充実に向けた駅の体制変更エリア拡大のお知らせ” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 西日本旅客鉄道岡山支社, (2020年12月23日), オリジナルの2020年12月23日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20201223102501/https://www.westjr.co.jp/life/region/pdf/okayama/20201223.pdf 2020年12月23日閲覧。 

関連項目[編集]