清須市はるひ美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 清須市はるひ美術館
KIYOSU CITY HARUHI ART MUSEUM
Kiyosu City Haruhi Art Museum ac.jpg
清須市はるひ美術館の位置(愛知県内)
清須市はるひ美術館
愛知県内の位置
施設情報
正式名称 清須市はるひ美術館
館長 高北幸矢[1]
事業主体 清須市
管理運営 TRC名古屋三越グループ共同事業体
建物設計 若山滋
延床面積 約700㎡
開館 1999年(平成11年)4月3日
所在地 452-0961
愛知県清須市春日夢の森1番地
位置 北緯35度14分7.83秒 東経136度50分26.73秒 / 北緯35.2355083度 東経136.8407583度 / 35.2355083; 136.8407583座標: 北緯35度14分7.83秒 東経136度50分26.73秒 / 北緯35.2355083度 東経136.8407583度 / 35.2355083; 136.8407583
外部リンク 清須市はるひ美術館
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

清須市はるひ美術館(きよすしはるひびじゅつかん)は、愛知県清須市春日夢の森1番地の清須市夢広場はるひにある公立美術館である。

清須市立図書館、はるひ夢の森公園とともに清須市夢広場はるひを形成しており、清須市の文化ゾーンとして指定管理者であるTRC名古屋三越グループ共同事業体が一体管理をおこなっている。

歴史[編集]

1999年(平成11年)4月、西春日井郡春日町はるひ美術館として開館。2009年(平成21年)10月1日、春日町が清須市に編入されたため、清須市はるひ美術館に改称した。

展示[編集]

展示室

地域にゆかりのある作家や、開館以来続けている公募展に関連した展示、また独自の企画展などを開催している。

2012年(平成24年)にはデザイナーの高北幸矢が館長に就任[2]。高北は名古屋造形芸術大学の教授や学長を務めた人物である[2]。就任半年後からは毎月1回の頻度で「高北幸矢館長アートトーク」を開催し、2021年(令和3年)4月には100回目を迎えた[2]

清須市はるひ絵画トリエンナーレ[編集]

開館した1999年(平成11年)には「夢広場はるひ絵画展」を初開催した。2001年(平成13年)「夢広場はるひ絵画ビエンナーレ」に改称して2年に1回の頻度となり、2009年(平成21年)には「清須市はるひ絵画トリエンナーレ」に改称して3年に1回の頻度となっている[3]。2020年(令和2年)には「清須市はるひ絵画トリエンナーレ」が10回目を迎え、新進作家の登竜門として定着しているとされる[4]

歴代大賞受賞者[編集]

  • 夢広場はるひ絵画展
    • 1999年 第1回 原田章生「犬の力」
  • 夢広場はるひ絵画ビエンナーレ
    • 2001年 第2回 中島葉子「afterimage」
    • 2002年 第3回 森川美紀「Jiufeng」
    • 2005年 第4回 鈴木雅明「街灯」
    • 2006年 第5回 カミムラケイサク「羽化406」
    • 2008年 第6回 上田暁子「世界は大きな花束でもある」
  • 清須市はるひ絵画トリエンナーレ
    • 2012年 第7回 源馬菜穂「contact」
    • 2015年 第8回 興津眞紀子「光と希望」
    • 2018年 第9回 田岡菜甫「遠吠え」
    • 2021年 第10回 福嶋さくら「stolen landscape」

利用案内[編集]

  • 開館時間 - 10:00-19:00(最終入場18:30)
  • 休館日 - 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)、年末年始
  • 入館料 - 展覧会により異なる

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 館長からのメッセージ”. 清須市はるひ美術館. 2015年3月6日閲覧。
  2. ^ a b c 高北幸矢、「作家の眼」でいざなうモンドリアンの世界”. 朝日新聞デジタル (2021年6月29日). 2021年9月12日閲覧。
  3. ^ 過去のトリエンナーレ”. 清須市はるひ美術館. 2015年3月6日閲覧。
  4. ^ 新進作家の登竜門として定着 はるひ美術館公募展第10回”. 中日新聞 (2021年6月29日). 2021年9月12日閲覧。