済南郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

済南郡(濟南郡、さいなん-ぐん)は、中国にかつて存在した漢代から唐代にかけて、現在の山東省済南市および淄博市一帯に設置された。

概要[編集]

紀元前164年前漢文帝16年)、劉辟光が済南王となり、済南国が置かれた。紀元前155年景帝2年)、済南王劉辟光が呉楚七国の乱に参加して殺害されると、済南国は廃止されて、済南郡に改められた[1]。済南郡は青州に属し、東平陵鄒平・台・梁鄒・土鼓・於陵・陽丘・般陽・菅・朝陽歴城・猇・著・宜成の14県を管轄した。『漢書』によれば前漢末に14万761戸、64万2884人があった[2]

王莽のとき楽安郡と改められ[3]、代わりに元の斉郡が済南郡と称した[4]

後漢が建国されると、元の名にもどされた。光武帝の皇子の劉康が、39年建武15年)に済南公となり、41年(建武17年)に済南王となると、済南国が置かれた[5]。済南国は東平陵・著・於陵・台・菅・土鼓・梁鄒・鄒平・東朝陽・歴城の10県を管轄した[6]

のとき、済南郡は平寿・下密・膠東・即墨・祝阿の5県を管轄した[7]

南朝宋のとき、済南郡は歴城・朝陽・著・土鼓・逢陵・平陵の6県を管轄した[8]468年泰始4年)、北魏慕容白曜が歴城を占領し、済南郡は北魏の統治下に入った[9]

北魏のとき、済南郡は斉州に属し、歴城・著・平陵・土鼓・逢陵・朝陽の6県を管轄した[10]

583年開皇3年)、が郡制を廃すると、済南郡は廃止されて、斉州に編入された。607年大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、斉州は斉郡と改称された[11]

618年武徳元年)、唐により斉郡は斉州と改められた。742年天宝元年)、斉州は臨淄郡と改称された。746年(天宝5載)、済南郡と改められた。758年乾元元年)、済南郡は斉州と改称され、済南郡の呼称は姿を消した[12]

脚注[編集]

  1. ^ 史記』斉悼恵王世家
  2. ^ 班固漢書』地理志第八上。小竹武夫訳『漢書』3(ちくま学芸文庫、筑摩書房、1998年)、326-327頁。
  3. ^ 班固『漢書』地理志第八上。小竹武夫訳『漢書』3(ちくま学芸文庫、筑摩書房、1998年)、326頁。
  4. ^ 班固『漢書』地理志第八上。小竹武夫訳『漢書』3(ちくま学芸文庫、筑摩書房、1998年)、330頁。
  5. ^ 後漢書』光武十王列伝
  6. ^ 後漢書』郡国志四
  7. ^ 晋書』地理志下
  8. ^ 宋書』州郡志二
  9. ^ 魏書』慕容白曜伝
  10. ^ 『魏書』地形志二中
  11. ^ 隋書』地理志中
  12. ^ 旧唐書』地理志一