渋川尹繁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
渋川尹繁
時代 室町時代後期 - 戦国時代
生誕 不明[1]
死没 天文3年(1534年)?
改名 刀祢王丸(幼名)→尹繁
別名 澁川刀禰王丸
官位 右兵衛佐
幕府 室町幕府 九州探題肥前守護
主君 足利将軍家
氏族 渋川氏
父母 父:渋川教直
兄弟 政実万寿丸尹繁、和是
義長義陸?、尭顕?

渋川 尹繁(しぶかわ ただしげ)は、室町時代後期から戦国時代にかけての武将九州探題

生涯[編集]

渋川教直の子として誕生。長享元年(1487年)、兄・万寿丸筑前国亀尾城で家臣に裏切られて殺害されると渋川家当主となる[2]

長享3年(1489年少弐政資の嫡男・高経によって肥前守護所である肥前国綾部館を攻撃され、筑後国犬塚城へ追われる。さらに、延徳3年(1491年)には高経の岳父大友政親によって犬塚城をも追われ、肥前勝ノ尾城へ移るなど渋川氏は滅亡寸前まで追い込まれた。この苦難の中で渋川氏が頼りとしたのは、西国の雄大内氏であった。

明応5年(1496年)肥前守護を名乗り翌明応6年(1497年)には大内義興の協力により政資・高経親子を自刃に追い込み、渋川氏は延命することができた。明応9年(1500年)、義興によって大内氏へ身を寄せていた前将軍足利義尹(のちの義稙)に拝謁し、偏諱を受け尹繁と名乗る[3]と共に、義尹より正式に九州探題にも任じられた。その後肥前養父郡綾部の肥前守護所へ再び入る。

しかし、永正元年(1504年)、少弐政資の三男・資元によって守護館及びその詰城であった綾部城白虎山城を追われ九州探題職を子・義長に譲ったとされる。その後の動向は不明な点が多いが、後に少弐氏に通じた為、天文3年(1534年)に大内軍によって綾部館を攻められ自害したともいう。

脚注[編集]

  1. ^ 兄・万寿丸の生まれた応仁2年(1468年)以後。
  2. ^ 同時に九州探題をも継いだとされるが、こちらについては刀祢王丸(尹繁)が元服するまで一門の渋川政教(まさのり)が代行していたとする説もある。
  3. ^ 尹繁は教直の子であるので、少なくとも教直の没した文明11年(1479年)以前の生まれであるが、この時点(最低でも22歳)までの諱(初名)は不明。
先代:
渋川万寿丸
九州探題
1487年 - 1504年?
次代:
渋川義長