渋民駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
渋民駅
駅舎
駅舎
しぶたみ
Shibutami
滝沢 (4.4km)
(4.7km) 好摩
所在地 岩手県盛岡市下田字陣場65-1
所属事業者 IGRいわて銀河鉄道
所属路線 いわて銀河鉄道線
JR花輪線直通含む)
キロ程 16.6km(盛岡起点)
東京から551.9km
電報略号 シタ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
715人/日
-2018年-
開業年月日 1950年昭和25年)12月1日[1]
備考 社員配置駅
テンプレートを表示

渋民駅(しぶたみえき)は、岩手県盛岡市下田字陣場にある、IGRいわて銀河鉄道いわて銀河鉄道線である。

好摩駅から乗り入れる東日本旅客鉄道(JR東日本)花輪線の列車も利用可能である。

歴史[編集]

渋民といえば石川啄木の出身地として有名だが、当駅が開業したのは戦後(1950年)で、啄木の生前に「渋民駅」は存在しなかった。啄木が和歌等に詠んだ 故郷の「停車場」とは、北隣の好摩駅のことである。

駅構造[編集]

プラットホーム

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。互いのホームは跨線橋で連絡している。

盛岡駅管理の社員配置駅(窓口営業時間7:00 - 17:00)。JR時代は旧駅事務室部分に商店があり切符を委託発売していたがのちに撤退。レンタサイクルあり。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 いわて銀河鉄道線
花輪線を含む)
上り 滝沢盛岡方面
2 いわて銀河鉄道線 下り いわて沼宮内二戸八戸方面
花輪線 鹿角花輪大館方面

利用状況[編集]

IGRいわて銀河鉄道によると、2018年度(平成30年度)の1日平均乗降人員は、715人である[IGR 1]

近年の推移は以下のとおりである。なお、2000年度(平成12年度)- 2002年度(平成14年度)におけるJR東日本が算出した数値は乗車人員のものである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
1日平均
乗降人員
出典
2000年(平成12年) 461 [JR 1]
2001年(平成13年) 460 [JR 2]
2002年(平成14年)(JR) 484 [JR 3]
2002年(平成14年)(IGR) 846 [IGR 2]
2003年(平成15年) 796 [IGR 3]
2004年(平成16年) 717 [IGR 4]
2005年(平成17年) 688 [IGR 5]
2006年(平成18年) 710 [IGR 6]
2007年(平成19年) 684 [IGR 7]
2008年(平成20年) 668 [IGR 8]
2009年(平成21年) 627 [IGR 9]
2010年(平成22年) 632 [IGR 10]
2011年(平成23年) 603 [IGR 11]
2012年(平成24年) 622 [IGR 12]
2013年(平成25年) 677 [IGR 13]
2014年(平成26年) 659 [IGR 14]
2015年(平成27年) 660 [IGR 15]
2016年(平成28年) 671 [IGR 16]
2017年(平成29年) 701 [IGR 17]
2018年(平成30年) 715 [IGR 1]

駅周辺[編集]

駅前広場

バス路線[編集]

その他[編集]

隣の駅[編集]

IGRいわて銀河鉄道
いわて銀河鉄道線・JR花輪線(JR花輪線は盛岡駅 - 好摩駅間いわて銀河鉄道線)
滝沢駅 - 渋民駅 - 好摩駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

記事本文[編集]

  1. ^ a b 「日本国有鉄道公示第277号」『官報』1950年11月29日(国立国会図書館デジタルコレクション)

利用状況[編集]

JR東日本[編集]

  1. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月5日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月5日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月5日閲覧。

IGRいわて銀河鉄道[編集]

  1. ^ a b 平成30年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月20日閲覧。
  2. ^ 平成14年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  3. ^ 平成15年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  4. ^ 平成16年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  5. ^ 平成17年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  6. ^ 平成18年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  7. ^ 平成19年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  8. ^ 平成20年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  9. ^ 平成21年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  10. ^ 平成22年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  11. ^ 平成23年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  12. ^ 平成24年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  13. ^ 平成25年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  14. ^ 平成26年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  15. ^ 平成27年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  16. ^ 平成28年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  17. ^ 平成29年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。

関連項目[編集]