渋沢篤二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

渋沢 篤二澁澤 篤二[1]、しぶさわ とくじ、1872年11月16日(明治5年10月16日)[1] - 1932年昭和7年)10月6日[2])は、日本実業家[1]渋澤倉庫取締役会長[2][3][4]。族籍は東京府華族[3][4]

人物[編集]

東京府出身[1]。子爵・渋沢栄一の次男で渋沢武之助渋沢正雄渋沢秀雄の異母兄[3][4][5]。(1862年に誕生した渋沢栄一の長男市太郎は夭逝)

1872年、渋沢栄一、千代の次男として神田裏神保町にて生まれる。1876年、渋沢家が深川福住町に転居。1882年、9歳の時に母千代が病没、姉たちに育てられる[6]1886年、深川福住町の渋沢邸に寄宿する篤二と同世代の青年たちの勉学と成果発表の場として、篤二を社長とする龍門社が結成され、「龍門雑誌」の刊行を始める[7]

学習院を経て熊本第五高等中学校に学ぶが、1892年、病のため退学する[1]。家長である父栄一より、栄一の郷里の血洗島で蟄居謹慎という処分を命じられる[7]。1893年、帰京後は家庭に良師を招聘して、英漢及び法律経済の学を修める[1]1895年、公家華族の橋本伯爵家の敦子と結婚。1896年長男敬三誕生。1897年、栄一が邸宅内の土蔵群を用い、澁澤倉庫部を創業すると倉庫部長となる[8]1898年二男信雄誕生。1899年、義兄穂積陳重に随行し欧米諸国を歴遊して、その制度文物を視察する[1]。帰朝後に第一銀行検査役に就く[9]1901年三男智雄誕生。1906年、東京毛織物株式会社の創立に際し取締役に挙げられる[1]1909年、渋沢家直営事業の澁澤倉庫部が、渋沢家と第一銀行の出資により、澁澤倉庫株式会社に改組されると、初代取締役会長となる。

1911年、篤二と芸者玉蝶のスキャンダルが表面化[7]1912年1月、篤二の廃嫡方針が渋沢同族会で決定される[10]1913年1月、篤二の廃嫡が正式に届出[10]、澁澤倉庫取締役会長も退任。『東京朝日新聞』は「澁澤男(爵)の廢嫡訴訟 篤二氏身體纎弱の故を以て」という見出しで「篤二氏は明治40年3月頃より脳神経を病み、暫く治療服薬する内腎臓炎を併発し、それよりやや異状を呈し時折暴言を吐くなどの事があった」などと伝えている[7]。栄一は、1915年、渋沢同族会を渋沢同族株式会社に改組し、嫡孫とした敬三を社長とし、翌1916年には第一銀行頭取も退任引退する。

1922年、長男敬三が木内登喜子と結婚。同年、篤二は澁澤倉庫に専務取締役として復帰、監査役を経て、1927年再度、取締役会長に就任し終生、経営の重責に当たる[2]。その間の1925年、長男敬三に篤二初孫となる雅英が生まれる。

父栄一逝去の翌年となる1932年の夏に健康をそこない、以来引きこもり専ら療養につとめるが、10月6日に重態になり、同日午後3時終に永眠する[2]

趣味は義太夫常磐津清元小唄謡曲、写真、記録映画、乗馬、日本画、ハンティング、犬の飼育と多岐にわたる[7]。住所は東京市深川区福住町から、芝区三田綱町[1][4][5]、同区白金三光町[3]

異母弟の秀雄は篤二について「長兄は好きなセッターの優良種を数匹飼ったり、気の合った知友を夕食に招いたり、生活を楽しむことだけが商売みたいな、世にも気楽な一生を送った」と述べている[7]佐野眞一は篤二を「巨人栄一の重圧から逃げるため放蕩に走った悲劇の人物」と評している[7]鹿島茂は栄一による篤二廃嫡は、栄一嫡子系の家族穂積家・阪谷家と篤二に親しい庶子系の家族尾高家・大川家との争い、或いは篤二家・穂積家・阪谷家ら先妻千代の子の家族と武之助、正雄、秀雄ら後妻兼子の子の家続での将来の家督争いを懸念し、篤二長男の敬三を栄一存命中に一族の長の後継に指名し親族内の争いの芽を未然に摘むための措置をとったのでは無かったかと述べている。[11]

家族・親族[編集]

1931年 栄一が中国水害への義捐金募集をラジオで呼びかけた際の写真  左から3番目に渋沢篤二、中央に栄一、右端が兼子

父母

  • 父・栄一1840年 - 1931年、子爵、第一銀行頭取、東京市養育院長) - 住所は東京市深川区福住町から、日本橋区兜町、東京府北豊島郡滝野川町西ケ原[5]
  • 母・千代(1841年 - 1882年、尾高惇忠の妹、栄一の従妹)- 栄一同郷幼馴染み、篤二の実母、コレラに罹患し40才にて逝去。
  • 継母・兼子(1852年 ‐ 1934年) - 栄一後妻。

篤二家族

  • 妻・敦子1880年 - ?、伯爵橋本実梁の娘、橋本実頴の妹)[5] - 夫篤二の廃嫡が正式に決まった直後に敬三ら3人の子供を連れて三田綱町の屋敷を出て、数年間にわたり本郷西方町、高輪車町、駒込神明町などの小さな借家を転々とする[7]
  • 長男・敬三[3]1896年 - 1963年子爵、渋沢同族社長[12]、澁澤倉庫取締役、第一銀行副頭取、日本銀行総裁、大蔵大臣) - 東京市深川福住町生まれ[6]
  • 二男・信雄[3]1898年 - 1967年、福本書院、独逸書輸入書籍商[12]、澁澤倉庫監査役)-東京市深川福住町生まれ。三
  • 三男・智雄[3]1901年 - ?、澁澤倉庫常務取締役)-東京市深川福住町生まれ。
親戚
千代を母とする姉妹(歌子、琴子)の夫
  • 穂積陳重(1855生まれ、法学者、東京大学法学部長、枢密院議長、男爵)姉歌子(1863年生まれ)の夫
  • 阪谷芳郎(1863年生まれ、官僚、大蔵大臣、東京市長、貴族院議員、子爵)姉琴子(1870年生まれ)の夫
栄一の妾大内くにを母とする姉妹(文子、照子)の夫、実母の血縁
  • 尾高次郎(1866年生まれ、実母千代の甥、実業家、東洋生命社長、武州銀行頭取)姉文子(1871年生まれ)の夫
  • 大川平三郎(1860年生まれ、実母千代の甥、実業家、富士製紙社長、武州銀行頭取、貴族院議員)妹照子(1875年生まれ)の夫
栄一の後妻兼子を母とする弟
  • 渋沢武之助(1886年生まれ、実業家、石川島飛行機製作所社長)
  • 渋沢正雄(1888年生まれ、実業家、石川島造船所専務、日本製鉄副社長)
  • 渋沢秀雄(1893年生まれ、文筆家、実業家、田園都市開発取締役、東宝取締役会長)
栄一の後妻兼子を母とする妹(愛子)の夫
  • 明石照男(1881年生まれ、実業家、第一銀行頭取)妹愛子(1890年生まれ)の夫

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 『大正人名辞典』405頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2021年2月23日閲覧。
  2. ^ a b c d 『澁澤倉庫株式會社創立三十周年記念小史』45 - 48頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2021年2月23日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 『人事興信録 第9版』シ42頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2021年2月23日閲覧。
  4. ^ a b c d 『人事興信録 第8版』シ47頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2021年2月23日閲覧。
  5. ^ a b c d 『大衆人事録 昭和3版』シ61 - 62頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2021年2月25日閲覧。
  6. ^ a b 渋沢雅英『父・渋沢敬三』24 - 46頁。
  7. ^ a b c d e f g h 『渋沢家三代』123 - 190頁。
  8. ^ 『澁澤倉庫百年史』澁澤倉庫社史編纂委員会、平成11-03-10、4,16,49。
  9. ^ 『人事興信録第二版』人事興信所、明治41-06、1327頁。
  10. ^ a b 『渋沢栄一 社会企業家の先駆者』122頁。
  11. ^ 『渋沢栄一 下 論語編』文藝春秋、2011年1月、458-472頁。
  12. ^ a b 『人事興信録 第11版 上』シ67 - 68頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2021年2月23日閲覧。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第2版』人事興信所、1908年。
  • 東洋新報社編『大正人名辞典』東洋新報社、1917年。
  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 昭和3版』帝国秘密探偵社ほか、1927年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第8版』人事興信所、1928年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第9版』人事興信所、1931年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第11版 上』人事興信所、1937 - 1939年。
  • 『澁澤倉庫株式會社創立三十周年記念小史』澁澤倉庫、1939年。
  • 佐野眞一『渋沢家三代』文藝春秋、1998年。
  • 『澁澤倉庫百年史』澁澤倉庫、1999年。
  • 島田昌和『渋沢栄一 社会企業家の先駆者』岩波新書、2011年。
  • 鹿島茂『渋沢栄一 論語篇』文藝春秋、2011年。