渋谷毅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
渋谷 毅
別名 Ritardo
S.リタルド
生誕 (1939-11-03) 1939年11月3日(81歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都
学歴 東京芸術大学音楽学部作曲科中退
ジャンル ジャズ
職業 ピアニスト作曲家編曲家
担当楽器 ピアノオルガン
レーベル Carcoレーベル
事務所 林泉
公式サイト 渋谷毅 - Facebook

渋谷 毅(しぶや たけし、1939年11月3日 - )は、日本ジャズピアニスト作曲家編曲家東京都生まれ。東京芸術大学音楽学部作曲科中退。妻は同じくピアニストの清水くるみ。

経歴[編集]

1939年東京都生まれ。芸大付属高校2年の時、エロール・ガーナーを聴いてジャズに興味を持つ。同い年のジャズ・ピアニスト、プーさんこと菊地雅章とは高校三年間を共にしている。東京芸術大学在学中よりジョージ川口とビッグ4、沢田駿吾グループなどでピアニストとして活動。1963年の暮れから1964年の春にかけて原信夫とシャープスアンドフラッツに在籍[1][2]1960年代前半より作曲家・編曲家として歌謡曲映画CMなど数多くの作品を手がける[† 1][3]

1975年自身の率いるトリオを結成し、初のリーダー作『ドリーム』をはじめ、2枚のアルバムを発表する。1986年に従来の典型的なビッグバンド・スタイルから解放された “渋谷毅オーケストラ” を結成。1990年代より渋さ知らズに参加。川下直広、不破大輔芳垣安洋の三人と “RAdIO” を結成し、同名のアルバムを残している。1999年デューク・エリントンの作品をレパートリーとするグループ “エッセンシャル・エリントン” を結成。2007年から渋谷毅オーケストラのメンバーとのデュオ作品を発表。

1980年代からはNHK子ども番組おかあさんといっしょ』『母と子のテレビ絵本』などに多数の作曲・編曲作品を提供し、定番として歌い継がれているものも多い[4][5][† 2]。1995年には、由紀さおり安田祥子姉妹『「あの時、この歌」オリジナル・ソング・ブック』の全曲の作曲を担当[7]

浅川マキ金子マリ木村充揮酒井俊小川美潮小沢健二などのヴォーカリストギグジャムレコーディングに参加。

80代を迎えてからも、バンドをはじめ、世代・ジャンルを越えたセッション[8][9]、ピアノソロなど、多彩で旺盛な演奏活動を行っている[10][11]

受賞歴[編集]

主な作品[編集]

ピアノトリオ[編集]

  • ドリーム(1975年 トリオレコード) - ベース:松元龍宏、ドラムス:浜島純昭、植松良高
  • クック・ノート(1977年 トリオレコード) - ベース:川端民生、ドラムス:宮沢昭一

ピアノソロ[編集]

  • 渋やん(1982年 アケタズ・ディスク)
  • Afternoon(2002年5月 徳間ジャパンコミュニケーションズ)
  • solo famous composers(2007年12月 ビデオアーツ・ミュージック
  • solo famous melodies(2007年12月 ビデオアーツ・ミュージック)

渋谷毅オーケストラ[編集]

  • LIVE 1989(1989年)
  • LIVE '91(1991年)
  • 酔った猫が低い塀を高い塀と間違えて歩いているの図(1993年)
  • TAMASA(1997年 Carcoレーベル)
  • ホームグランド・アケタ・ライヴ(1999年3月 学研プラッツ・アケタズディスク)
  • ずっと西荻(2003年10月 Carcoレーベル)

デュオ[編集]

  • 野百合(1992年8月 東芝EMI) - 宮澤昭とのデュオ
  • SO QUIET(1998年11月 六弦堂) - 廣木光一とのデュオ
  • タンデム - Tandem(2000年2月 Verve) - 菊地雅章とのデュオ
  • しーそー(2001年9月 徳間ジャパンコミュニケーションズ) - 森山威男とのデュオ
  • 月の鳥(2007年2月 Carcoレーベル) - 石渡明廣とのデュオ
  • たそがれの夢(2007年4月 HANANOYA RECORDS) - 華乃家ケイとのデュオ
  • 帰る方法3(2008年6月 Carcoレーベル) - 松本治とのデュオ
  • MARI SINGS ALONG WITH SHIBUYA-SAN(2008年12月 HOME WORKレーベル) - 金子マリとのデュオ
  • Blue Blackの階段(2009年8月 Carcoレーベル) - 松風紘一とのデュオ
  • 無銭優雅(2010年5月 Carcoレーベル) - 津上研太とのデュオ
  • LUZ DO SOL 太陽の光(2011年4月 Soramame Record) - 平田王子とのデュオ
  • 蝶々在中(2011年9月 Carcoレーベル) - 川端民生とのデュオ
  • 緑の森(2013年12月 Soramame Record) - 平田王子とのデュオ

エッセンシャル・エリントン[編集]

  • Essential Ellington(1999年10月 日本クラウン
  • Island Virgin(2005年11月 MUZAKレーベル)
  • SONGS(2009年3月 Carcoレーベル) - エッセンシャル・エリントン+清水秀子

その他[編集]

  • RAdIO『RAdIO』(2003年10月 地底レコード)
  • 峰厚介 ミーツ 渋谷毅 & 林栄一『RENDEZVOUS』(2004年5月 ビデオアーツミュージック)
  • さがゆき『Day Dream』(2004年10月 ARUMA RECORDS)
  • 渋谷毅・武田和命カルテット『OLD FOLKS』(2005年10月 メタ花巻アケタズディスク)
  • さがゆき・渋谷毅・潮先郁男『We'll Meet Again』(2008年5月 Carcoレーベル)
  • 古澤良治郎『古澤良治郎 ラスト・レコーディング 第1集 「タケシ」』(2011年5月 メタ花巻アケタズディスク)
  • 古澤良治郎『古澤良治郎 ラスト・レコーディング 第2集 「マナブ」』(2011年5月 メタ花巻アケタズディスク)

主な作曲作品[編集]

  • 由紀さおり生きがい」(1970年、作詞:山上路夫/作曲:渋谷毅)
  • 由紀さおり「初恋の丘」(1971年、作詞:北山修/作曲:渋谷毅)
  • 佐良直美「小さな村の小さな出来事」(1971年、作詞:山川啓介/作曲:渋谷毅)
  • 天地真理「白いバラの道」(1972年、作詞:岩谷時子/作曲:渋谷毅)
  • 天地真理「おしえてよ愛の言葉」(1972年、作詞:岩谷時子/作曲:渋谷毅)
  • アリス「涙化粧」(1973年、作詞:松本隆/作曲:渋谷毅)
  • アリス「突然炎の如く」(1973年、作詞:松本隆/作曲:渋谷毅)
  • アン真理子「いけにえ」(1974年、作詞:松本隆/作曲:渋谷毅)
  • アン真理子「血とバラ」(1974年、作詞:松本隆/作曲:渋谷毅)
  • 森山良子「あやとり」(1975年、作詞:松本隆/作曲:渋谷毅)
  • 森山良子「あなたのいない一日」(1975年、作詞:山上路夫/作曲:渋谷毅)
  • 小坂忠「水たまりの詩」(1981年、作詞:山田典吾/作曲:渋谷毅)
  • 浅川マキ「秋意」(1985年、作詞:浅川マキ/作曲:渋谷毅)
  • 浅川マキ「無題」(1991年、作詞:清水俊彦、浅川マキ/作曲:渋谷毅)
  • 中谷美紀「Happy Wednesday」(2006年、作詞:麻生哲朗/作曲:渋谷毅)
  • 二階堂和美「つるべおとし」(2007年、作詞:松本隆/作曲:渋谷毅)
  • 木村カエラ「memories」(2008年、作詞:木村カエラ/作曲:渋谷毅)
  • 佐良直美「いのちの木陰」(2010年、作詞:山川啓介/作曲:渋谷毅)
  • 佐良直美「銀河の子守唄」(2010年、作詞:山川啓介/作曲:渋谷毅)

主な編曲作品[編集]

  • 坂本九見上げてごらん夜の星を」(1963年、作詞:永六輔/作曲:いずみたく
  • 由紀さおり「夜明けのスキャット」(1969年、作詞:山上路夫/作曲:いずみたく)
  • 由紀さおり「バラのためいき」(1969年、作詞:山上路夫/作曲:いずみたく)
  • 由紀さおり「天使のスキャット」(1969年、作詞:山上路夫/作曲:いずみたく)
  • 由紀さおり「枯葉の街」(1969年、作詞:山上路夫/作曲:いずみたく)
  • パープルシャドウズ別れても好きな人」(1969年、作詞・作曲:佐々木勉
  • 篠ヒロコ「愛ってなあに」(1969年、作詞:水島哲/作曲:いずみたく)
  • 佐良直美「赤頭巾ちゃん気をつけて」(1970年、作詞:岩谷時子/作曲:いずみたく)
  • 佐良直美「どこへ行こうかこれから二人」(1970年、作詞:西川ひとみ/作曲:中村泰士
  • 由紀さおり「好きよ」(1970年、作詞:岩谷時子、作曲:いずみたく)
  • 弘田三枝子「バラの革命」(1971年、作詞:島田葉二/作曲:いずみたく)
  • 尾崎紀世彦この胸のときめきを」(1971年、作詞:V.Pallavicini/作曲:P.Donaggio/訳詞:岩谷時子)
  • 尾崎紀世彦「追憶」(1975年、作詞・作曲:M.Bergman/A.Bergman/M.Hamlisch/訳詞:岩谷時子)

映画音楽[編集]

CMソング[編集]

主なこどもの歌[編集]

作曲作品[編集]

  • あ・い・うー(作詞:日暮真三おかあさんといっしょ体操コーナー 1996年4月1日 - 2005年4月1日)[3]
  • あきがあっきた(作詞:村田さち子)[3]
  • あまだれピチカート(作詞:山川啓介、歌:由紀さおり・安田祥子[7]
  • あしたのあしたのまたあした(作詞:井出隆夫[3]
  • あっちこっちたまご(作詞:日暮真三、歌:坂田おさむ神崎ゆう子、おかあさんといっしょ 今月の歌 1988年4月)[3][12]
  • おおきいて ちいさいて(作詞:日暮真三、歌:速水けんたろう茂森あゆみ、おかあさんといっしょ 今月の歌 1997年9月)[3][12]
  • おしゃれフルーツ(作詞:日暮真三、歌:横山だいすけ小野あつこ、おかあさんといっしょ 今月の歌 2016年6月)[3][12]
  • かにのおじさん(作詞:関和男、歌:坂田おさむ&神崎ゆう子、おかあさんといっしょ 今月の歌 1987年6月)[3][12]
  • きいろい木馬(作詞:しぶやしげお、歌:チェリッシュ、『母と子のテレビ絵本』)[3]
  • ぎゅーっ はかせ(作詞:二階堂和美、歌:花田ゆういちろう小野あつこ、おかあさんといっしょ 今月の歌 2021年5月)[12]
  • 恐竜だ(作詞:関和男、歌:上條恒彦・ 入道、『母と子のテレビ絵本』)[3]
  • キリンのかあさん(作詞:佐藤雅子、歌:小川美潮、『母と子のテレビ絵本』)[3]
  • グーとスーのマーチ(作詞:日暮真三、歌:坂田おさむ&神崎ゆう子、おかあさんといっしょ 今月の歌 1992年4月、『ふたりはなかよし』)[3][12]
  • グーのえかきうた(作詞:日暮真三、歌:坂田おさむ&神崎ゆう子、おかあさんといっしょ 今月の歌 1991年10月、『ふたりはなかよし』)[3][12]
  • くじらのとけい(作詞:関和男)[3]
  • くじらのバス(作詞:井手隆夫)[3]
  • 木もれ日の歌(作詞:日暮真三)[3]
  • こんなこいるかな(作詞:日暮真三、歌:坂田おさむ&森みゆき→神崎ゆう子、おかあさんといっしょ『こんなこいるかな』)[3]
  • じっとまったくん(作詞:小川美潮、歌:横山だいすけ&三谷たくみ、おかあさんといっしょ 今月の歌 2012年6月)[3][12]
  • ちょっとまってふゆ!(作詞:村田さち子)[3]
  • ちょんまげマーチ(作詞:井出隆夫)[3]
  • に・て・る(作詞:桑原永江)[3]
  • にんじゃ きりん(作詞:高田ひろお[3]
  • ハローおさるさん(作詞:しぶやしげお、歌:坂田明、『母と子のテレビ絵本』)[3]
  • ふしぎなあのこは すてきなこのこ(作詞:日暮真三、歌:速水けんたろう茂森あゆみ、おかあさんといっしょ『ふしぎなあのこはすてきなこのこ』)[3]
  • ふたりでひとつ(作詞:日暮真三、歌:坂田おさむ&神崎ゆう子、おかあさんといっしょ 今月の歌 1991年6月、『ふたりはなかよし』)[3][12]
  • ふたりのクリスマス(作詞:日暮真三、歌:坂田おさむ&神崎ゆう子、おかあさんといっしょ 今月の歌 1991年12月、『ふたりはなかよし』)[3][12]
  • ふたりはなかよし(作詞:日暮真三、歌:坂田おさむ&神崎ゆう子、おかあさんといっしょ 今月の歌 1991年4月、『ふたりはなかよし』)[3][12]
  • ふゆっていいな(作詞:日暮真三、歌:速水けんたろう&茂森あゆみ、おかあさんといっしょ 今月の歌 1995年1月)[3][12]
  • まきばのこうま(作詞:村田さち子、歌:榊原郁恵、『母と子のテレビ絵本』)[3]
  • フレーミーのうた(作詞:佐藤雅彦、歌:井上順、『ピタゴラスイッチ』)[3]
  • フレーミー りすのひっこし(作詞:内野真澄、歌:井上順、『ピタゴラスイッチ』)[3]
  • ぼくのミックスジュース(作詞:五味太郎[3]
  • 雪はこどもに降ってくる(作詞:山川啓介、歌:由紀さおり・安田祥子)[7]
  • 夢のなか(作詞:日暮真三、歌:坂田おさむ神崎ゆう子、『母と子のテレビ絵本』テーマ)[3]
  • リンゴのうさぎ(作詞:小黒恵子、歌:藤本房子、『母と子のテレビ絵本』)[3]
  • リンゴ村だより(作詞:山川啓介、歌:由紀さおり・安田祥子)[7]

編曲作品[編集]

  • きみ(作詞・作曲:つだみさこ、歌:横山だいすけ&三谷たくみ、おかあさんといっしょ 今月の歌 2014年11月)[3][12]
  • 小さなコイン(作詞・作曲:Sylvia_Fine/訳詞:冬杜花代子、歌:団しん也坂田めぐみ、『母と子のテレビ絵本』)[13]
  • スキスキおとうさん(作詞:日暮真三/作曲:新井英一、歌:坂田おさむ&神崎ゆう子、おかあさんといっしょ 今月の歌 1990年11月)[3][12]

母と子のテレビ絵本/てれび絵本[編集]

その他[編集]

  • 倉敷チボリ公園 アンデルセンシアター[14]
  • 豊後大野市立緒方小学校校歌
  • 小海町立小海小学校校歌
  • 下馬幼稚園園歌

脚注[編集]

註釈[編集]

  1. ^ 最初期の仕事で録音レコードとして発表されCD化・再発された音源に森山加代子「一人で泣かせて/月へ帰ろう」がある。7インチシングル盤㈱東芝音楽工業(東芝レコード)1963年11月発売、規格品番:JP-5259。CD化:東芝EMI1996年7月10日、『加代ちゃんのヒット・キット・パレード』収録、規格品番:TOCT-9517/8。
  2. ^ 童謡こどもの歌コンクール(全国童謡歌唱コンクール)では『きりんのかあさん』『ぼくのミックスジュース』が課題曲となっている[6]

出典[編集]

  1. ^ 門松孝監修. “シャープスアンドフラッツ 1960年~1969年”. 2021年9月10日閲覧。
  2. ^ 長門竜也「ひばりとジャズ、そしてシャープ──原信夫が見つめた「美空ひばり」(6)」『intoxicate』、タワーレコード、2013年6月20日。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar 渋谷毅. “discography”. 2021年9月10日閲覧。
  4. ^ 花田ゆういちろう小野あつこ福尾誠秋元杏月眞理ヨシコ坂田おさむ神崎ゆう子速水けんたろう茂森あゆみ横山だいすけ小林よしひさ上原りさ、チョロミー、ムームー、ガラピコ、じゃじゃまる、ぴっころ、ぽろり、スプー、ムテ吉、ミーニャ、メーコブ (2020年2月5日). NHK「おかあさんといっしょ」ファミリーコンサート ふしぎな汽車でいこう ~60年記念コンサート~ (DVD). ポニーキャニオン.. https://mama.ponycanyon.co.jp/pcxk50009/. "こんなこいるかな、夢のなか、ちょんまげマーチ" 
  5. ^ 花田ゆういちろう、小野あつこ、福尾誠、秋元杏月 (2021年10月20日). NHK「おかあさんといっしょ」スタジオライブ・コレクション ~うたをあつめて~ (DVD). ポニーキャニオン.. https://mama.ponycanyon.co.jp/pccg02066/#Studio. "夢のなか、あしたのあしたのまたあした" 
  6. ^ 第36回 2021年開催 課題曲一覧”. 童謡こどもの歌コンクール. 2021年9月10日閲覧。
  7. ^ a b c d 渋谷毅、山川啓介あの時、この歌オリジナル・ソング・ブック : 由紀さおり・安田祥子童謡を歌う』全音楽譜出版社、1997年。ISBN 4117370332。NCID BA42709517
  8. ^ 渋谷毅 (2019年9月21日). “しぶやさんといっしょ”. 2021年9月10日閲覧。 “しぶやさんといっしょというライブを12年くらい前からやっている”
  9. ^ 渋谷毅 (2008年2月28日). “しぶやさんといっしょ(ちょっと先の話)”. 2021年9月10日閲覧。 “要するに「おかあさんといっしょ」や「テレビ絵本」などのために書いた曲と、由紀さおり安田祥子姉妹のために書いた曲などを……歌ってもらう、という内容……で、そこでどさくさに紛れて自分も歌ってしまおう、という大それた考えもあって、見方によればそっちの方が大事ということもある」”
  10. ^ NHK『しぶやさんといっしょ〜渋谷毅がピアノを弾くだけの30分〜』1月1日〜3日放送、二階堂和美も出演”. amass (2019年12月30日). 2021年9月10日閲覧。
  11. ^ 渋谷毅 (2021年). “2021年 終わったスケジュール”. 2021年9月10日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g h i j k l m n おかあさんといっしょ これまでの月の歌”. NHK. 2021年9月10日閲覧。
  13. ^ 母と子のテレビ絵本”. NHK. 2021年9月10日閲覧。
  14. ^ 伊豫部富治. “1997visual-list”. 2021年9月10日閲覧。