渋谷秀樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
渋谷 秀樹
(しぶたに ひでき)
人物情報
全名 渋谷 秀樹
(しぶたに ひでき)
生誕 (1955-03-26) 1955年3月26日(64歳)
日本の旗 日本兵庫県加古川市
学問
時代 20世紀 - 21世紀
活動地域 日本の旗 日本
学派 芦部憲法学
研究分野 法学
憲法学
研究機関 立教大学
大阪府立大学
明治学院大学
特筆すべき概念 自由の基礎法
主要な作品 『憲法』(有斐閣2007年
『憲法への招待』(岩波新書2001年
その他多数
影響を
受けた人物
芦部信喜東京大学在学中に師事)
学会 日本公法学会
全国憲法研究会
日米法学会
テンプレートを表示

渋谷 秀樹(しぶたに ひでき、1955年3月26日 - )は、日本法学者である。専門は憲法学。学位は博士(法学)大阪大学)。立教大学大学院法務研究科教授兵庫県加古川市出身。

経歴[編集]

1955年3月26日兵庫県加古川市出身。

東京大学在学中は芦部信喜のもとで憲法学を専攻し、芦部の最後の門下生の憲法学者である。2007年に『憲法』(有斐閣)を発刊、2013年4月より放送倫理・番組向上機構(BPO)放送倫理検証委員会委員。

学歴[編集]

  • 1978年3月 - 東京大学法学部第二類(公法コース)卒業
  • 1981年3月 - 東京大学大学院法学政治学研究科公法専門課程専攻修士課程修了
  • 1984年3月 - 東京大学大学院法学政治学研究科公法専門課程専攻博士課程単位取得退学
  • 2013年3月 - 博士(法学)大阪大学)(学位論文「憲法訴訟要件論」)[1]

職歴[編集]

著書[編集]

  • 『憲法(第3版)』(有斐閣、2017年/初版2007年)
  • 『憲法1人権(第6版)』(共著)(有斐閣アルマ、2016年)
  • 『憲法2統治(第6版)』(共著)(有斐閣アルマ、2016年)
  • 『日本国憲法の論じ方(第2版)』(有斐閣、2010年/初版2002年)
  • 『憲法起案演習―司法試験編』(弘文堂、2017年)
  • 『憲法への招待(新版)』(岩波新書、2014年/初版2001年)

脚注[編集]