渋谷ABEMAS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
渋谷ABEMAS
2018年創設(2年目)
所属選手
戦績
ファイナル進出
最高順位
ファイナル:3位 
レギュラーシーズン:2位 
オーナー企業
サイバーエージェント

渋谷ABEMAS(しぶやアベマズ)は、競技麻雀のチーム対抗戦のナショナルプロリーグ・Mリーグのチーム。サイバーエージェントがオーナー企業となり、2018年に設立された。

略歴[編集]

2018年8月7日に行われた第1回Mリーグドラフト会議において、1巡目にRMU代表で令昭位4期・王位・日本シリーズ2期など数々の実績を誇る多井隆晴、2巡目に日本プロ麻雀連盟より麻雀マスターズ2期の実績を持つ白鳥翔、3巡目に日本プロ麻雀協会より鈴木たろうを指名した。たろうは、赤坂ドリブンズU-NEXT Piratesと重複指名となり、ドリブンズが獲得。3巡目再指名では、日本プロ麻雀協会より最年少發王位・最年少B1リーグ(現A2リーグ)の実績を持つ松本吉弘を指名した[1]

2018年度レギュラーシーズンでは、開幕序盤10月は首位を独走するも[2]、11月より失速。中盤戦ではボーダーライン上でファイナル進出を争った。年明けから多井隆晴が4連勝含む11連対と絶好調、2月の段階では2位に急浮上してファイナル進出の安全圏に入った[3]。多井はこの活躍により、個人成績でも首位に輝き、レギュラーシーズンMVPのタイトルを得た。ファイナルシーズンは、レギュラーシーズン絶不調だった白鳥が復調するも、トップの遠い展開が続いた。4位で迎えた最終日、3戦中2勝でKONAMI麻雀格闘倶楽部を逆転、3位を奪取した。

2019年7月9日に行われた第2回Mリーグドラフト会議では、レギュレーション改定により女流選手の指名が義務付けられた。4人目の選手として、プロクィーンなどの実績を持ち、最高位戦リーグにおいて女性最上位のB1リーグに所属している日向藍子を指名した[4]

所属団体がバラバラの唯一のチームとなっており、多数タイトルを持つ多井と、各団体の上から2番目のリーグに所属する有望若手3選手の構成となっている。多井は若手3選手について「3年以内にトップリーガーにします」と語っている[5](松本は2019年第18期雀王戦A2リーグにおいて、首位の成績でA1昇格)。

所属選手[編集]

シーズン 選手
2018-19 多井隆晴 白鳥翔 松本吉弘
2019-20 日向藍子

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

シーズン 順位 総合 選手・得点
2018-19[6] 2位 184.6 多井隆晴 476.3 松本吉弘 22.1 白鳥翔 -313.8
2019-20

セミファイナル[編集]

シーズン 結果 総合 持越 ファイナル
2019-20

ファイナル[編集]

シーズン 結果 総合 持越 ファイナル
2018-19[7] 3位 -147.0 92.3 -239.3
2019-20

個人成績[編集]

選手別成績[編集]

シーズン 多井隆晴 白鳥翔 松本吉弘 日向藍子
2018-19[8] 476.3 22.1 -313.8
2019-20

獲得タイトル[編集]

  • 個人スコア
多井隆晴 2018

役満[編集]

シーズン 日付・回 シリーズ 通算回 東家 南家 西家 北家
2019-20 12月12日(木)第1戦[9] レギュラー 第91戦/全180戦 南3局1本場 四暗刻(単騎) 小林剛 白鳥翔 勝又健志 佐々木寿人

 自摸和了   出和了者   放銃者 

脚注[編集]

  1. ^ 「Mリーグ」ドラフト会議2018” (日本語). M.LEAGUE(Mリーグ) (2018年8月8日). 2019年11月4日閲覧。
  2. ^ 10月30日の出場選手 首位・渋谷ABEMAS包囲網なるか?/麻雀・大和証券Mリーグ”. ABEMA麻雀タイムズ (2019年10月30日). 2019年2月14日閲覧。
  3. ^ 強い者が勝つ! 多井隆晴、4連勝&10連続連対 個人独走でチームもファイナル濃厚/麻雀・大和証券Mリーグ”. ABEMA麻雀タイムズ (2019年2月9日). 2019年2月14日閲覧。
  4. ^ 2019シーズンドラフト会議開催 8人が指名・交渉へ/麻雀・Mリーグ”. ABEMA麻雀TIMES (2019年7月9日). 2019年11月4日閲覧。
  5. ^ 「Mリーグ2年目の危機感…渋谷ABEMASは麻雀界の盟主を目指す!」多井隆晴プロ(渋谷ABEMAS)特別ロングインタビュー【第5回/全5回】” (日本語). キンマweb - 近代麻雀 web (2019年8月18日). 2019年11月23日閲覧。
  6. ^ RANKING”. M.LEAGUE. 2019年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月16日閲覧。
  7. ^ RANKING”. M.LEAGUE. 2019年3月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月30日閲覧。
  8. ^ RANKING”. M.LEAGUE. 2019年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月16日閲覧。
  9. ^ リーグ初!激レア役満・四暗刻単騎、白鳥翔が達成 戦慄の2局連続役満テンパイ/麻雀・Mリーグ”. ABEMA麻雀TIMES (2019年12月13日). 2019年12月13日閲覧。