渕上隆信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
渕上 隆信
ふちかみ たかのぶ
生年月日 (1961-02-11) 1961年2月11日(58歳)
出生地 佐賀県
出身校 九州大学理学部化学科
前職 敦賀市議会議員
所属政党 無所属
公式サイト ふちかみ隆信 公式ウェブサイト

当選回数 2回
在任期間 2015年4月30日 - 現職

Flag of Tsuruga, Fukui.svg 敦賀市議会議員
当選回数 1回
在任期間 2007年4月30日 - 2011年
テンプレートを表示

渕上 隆信(ふちかみ たかのぶ、1961年2月11日 - )は、日本政治家福井県敦賀市長(2期)。元・敦賀市議会議員(1期)。

来歴[編集]

佐賀県生まれの長崎県育ち[1]。1984年(昭和59年)3月、九州大学理学部化学科卒業。同年4月、東洋紡績株式会社に就職。以後数社の会社に転職し、1995年(平成7年)、行政書士土地家屋調査士事務所を開業する。

2007年(平成19年)4月、敦賀市議会議員選挙に出馬し初当選。

2011年(平成23年)4月24日に行われた敦賀市長選挙に出馬するも現職の河瀬一治に敗れ、次点で落選。

2015年(平成27年)4月26日に行われた敦賀市長選挙に出馬。元自由民主党敦賀市支部幹事長の中村紀明との一騎討ちを制し初当選した(渕上:18,540票、中村:17,542票)。なお中村は自民党の推薦を受け、事実上の現職後継候補であった[2][3]。4月30日、市長就任[4]

2019年(平成31年)の市長選は渕上のほか、元市議の米澤光治が立候補した[5]

政策・主張[編集]

  • 敦賀原発の再稼働や新増設については「安全が大前提だが、国には2号機再稼働を求めたいし、3、4号機の新増設も視野に入れたい」と推進の立場を表明している[6]
  • 2015年(平成27年)の6月定例市議会において、市内の道路照明灯や防犯灯など約9,000灯を2016年度末までに、LED照明発光ダイオード照明)に全面的に切り替えることを発表した[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
先代:
河瀬一治
Flag of Tsuruga, Fukui.svg 敦賀市長
2015年 -
次代:
(現職)