渚にまつわるエトセトラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
渚にまつわるエトセトラ
PUFFYシングル
初出アルバム『JET CD
リリース
レーベル エピックレコードジャパン
作詞・作曲 井上陽水奥田民生
プロデュース 奥田民生
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1997年度年間18位(オリコン)
  • PUFFY シングル 年表
    サーキットの娘
    (1997年)
    渚にまつわるエトセトラ
    (1997年)
    MOTHER/ネホリーナハホリーナ
    (1997年)
    ミュージックビデオ
    「渚にまつわるエトセトラ」 - YouTube
    テンプレートを表示

    渚にまつわるエトセトラ」(なぎさにまつわるエトセトラ)は、PUFFYの4枚目のシングル1997年4月16日発売。発売元はエピックレコードジャパン

    解説[編集]

    • アジアの純真」以来となる、作詞が井上陽水、作曲が奥田民生の曲。
    • PVでは吉村由美バンジージャンプに挑戦しており、振り付けは西城秀樹の『YOUNG MAN (Y.M.C.A.)』をモチーフにしている。ちなみにフジテレビ27時間テレビに出演時、西城本人とこれら2曲のメドレーで共演した。
    • 本作のジャケットと前作「サーキットの娘」のジャケットは、2枚並べると1枚のイラストになるという仕掛けが施されている。
    • カラオケバージョンは通常のバージョンと違い、エンディングのパーカッション・ソロがフェードアウトせず完全版となっている。
    • この曲の歌詞のおかげで、二人はカニを食べに行くと店員に感謝されるらしい[1]。また、作詞を手がけた井上陽水、彼の娘である依布サラサも揃ってカニが大好物とのことで、陽水はこの歌詞を書き上げた時「いいねぇ」と絶賛したという。
    • 累計売上は110万枚[2]
    • 歌詞中に登場する「ハリソン・フォード」本人にインタビューを行った際、この曲をアカペラで披露した。
    • 2010年、Tomato n'Pineによりカバーされた。
    • 2010年より、JR西日本城崎温泉駅発車メロディとして、冬季限定で使用されている。
    • シングル発売から19年経過後、PUFFY自身紅白歌合戦初出場だった2016年末「第67回NHK紅白歌合戦」では、「PUFFY 20周年紅白スペシャル」として紅組トップバッターで出演し、当曲を披露した[注 1]

    ※ 尚とんねるずは「ほんとのうたばん」でPVを過激にものまねしている。石橋が亜美、木梨が由美を担当した。

    収録曲[編集]

    1. 渚にまつわるエトセトラ
      (作詞:井上陽水、作曲・編曲:奥田民生
    2. 渚にまつわるエトセトラ(オリジナル・カラオケ)
      (作詞:井上陽水、作曲・編曲:奥田民生)

    収録アルバム[編集]

    タイアップ[編集]

    その他[編集]

    脚注[編集]

    注釈[編集]

    1. ^ 他はデビュー曲の「アジアの純真」。

    出典[編集]