渚ゆう子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
渚 ゆう子
出生名 大江 千鶴子
別名 久葉真鶴
生誕 (1945-11-08) 1945年11月8日(74歳)
出身地 日本の旗 日本大阪市浪速区
ジャンル 歌謡曲
職業 歌手
担当楽器
活動期間 1964年 -

渚 ゆう子(なぎさ ゆうこ、1945年11月8日 - )は、日本の歌手大阪市浪速区出身。本名は大江 千鶴子。ハワイアン歌手としてレコードデビューの後、1970年ベンチャーズ作曲・演奏の「京都の恋」を日本語の歌詞で唄って、大ブレイクし一躍人気歌手となった。

経歴[編集]

母親が沖縄、父親は京都府出身。幼少より両親の熱心な教育を受け、沖縄民謡琉球舞踊を習熟する。

1964年、久葉真鶴(くばまづる)の芸名[1]で芸能界入り。

1965年、和田弘とマヒナスターズの前唄で出演した。そのとき、リーダー和田弘のすすめがあり上京。作曲家浜口庫之助に師事し、ハワイアンを覚える[1]

1966年、「渚ゆう子」に改名。命名当初は渚夕子だったが、日没のイメージは良くないということでゆう子となった。名付け親はマヒナスターズの松平直樹[2]

1967年、ハワイアン歌謡「早くキスして」でレコードデビュー。そのB面は「ルアウの火も消えて」どちらも東芝レコードのスチールギター奏者でハニーアイランダースのリーダー大橋節夫が作曲した。

1970年、ベンチャーズ作曲の「京都の恋」「京都慕情」を、日本語の歌詞で唄って大ブレイク、人気歌手の仲間入りを果たす[1]。なお「京都の恋」は、オリコンシングルレコード売上げでは85万枚を超え[1]、さらに1970年年間第10位、翌1971年年間第27位にそれぞれランク、自身最大のヒット曲となった。また「京都慕情」も、翌1971年度オリコン年間第15位にランクされている。

1971年 筒美京平作曲の「さいはて慕情」で第13回日本レコード大賞歌唱賞を受賞[3]第22回NHK紅白歌合戦に「京都慕情」で初出場[4]。又歌手としても、この年のシングルレコード売上げの年間第2位となった。

1972年、「風の日のバラード」で第23回NHK紅白歌合戦に2回目の出場[5]

1981年、(歌手としての第一線から一時引退)

1993年、「北ホテル」をリリース。

1997年、「京都ひとり」をリリース。

近況[編集]

各地のディナーショーやイベントなどに出演。老人ホームのボランティア慰問なども行っている。

2006年には、1972年の日比谷公会堂のライブコンサートを収録した伝説のLPレコードがCD復刻版で発売された。

2008年、1970年に「京都の恋」が大ヒットし、渚が多忙になったために身を引いた当時の婚約者に再び求婚され、38年の時を経て結婚を決めた[1]

2009年11月3日、第9回わが心の大阪メロディー(NHK総合)に出演。

2010年1月12日、NHK歌謡コンサート(NHK総合)に出演、「京都の恋」を歌唱。

2011年6月10日、1967年デビューからの全シングル26タイトルがMEG-CDで復刻された[6][7]

音楽作品[編集]

シングル[編集]

発売日 規格 規格品番 タイトル
1967年6月5日 EP TP-1463 A 早くキスして[8]
B ルアウの火も消えて
1967年11月5日 EP TP-1546 A 女の指輪
B こんな夜がつらい
1968年5月1日 EP TP-1638 A 想い出はチラチラ
B 七夕の恋
1969年1月10日 EP TP-2106 A 二人の大阪
B 恋のくちびる
1970年1月10日 EP TP-2237 A とげのないバラ
B 愛にぬれたギター
1970年5月25日 EP TP-2282 A 京都の恋
B 宮崎の二人
1970年12月1日 EP TP-2357 A 京都慕情
B 女の指輪
1971年3月25日 EP TP-2402 A さいはて慕情
B しのび雨
1971年8月5日 EP TP-2500 A 雨の日のブルース
B 忘れな草をこの胸に
1971年12月1日 EP TP-2557 A 長崎慕情
B 幸福(しあわせ)
1972年2月5日 EP TP-2615 A めぐり逢い
B おんなの日記
1972年4月25日 EP TP-2651 A 今日からひとり
B 愛のエトランゼ
1972年7月25日 EP TP-2707 A 風の日のバラード
B あの人の居ない街
1972年12月1日 EP TP-2786 A 何処へ
B 愛ある束縛
1973年6月5日 EP TP-2860 A 東京に三日、田舎に四日
B 恋の日が来るのね
1973年10月20日 EP TP-2931 A 京おんな
B 花のいのち[9]
1974年5月5日 EP TP-20002 A かえり道
B 別れてそして
1975年7月20日 EP TP-20151 A 北からの手紙
B 恋人形
1976年8月5日 EP TP-10042 A 居酒屋「すずらん」
B 砂丘
1976年12月1日 EP TP-10133 A 石を投げれば心に当る
B にごりえ
1977年7月5日 EP TP-10254 A 大阪慕情
B 途中下車
1979年5月5日 EP TP-10568 A おんなの語り唄
B おんなの語り唄(カラオケ)
1980年9月5日 EP TP-17039 A 愛をもとめて
B はなれない
1981年10月21日 EP TP-17237 A しのび逢う京都
B 朝日よ明日も
1993年1月20日 8cmCD TODT-2973 1 北ホテル
2 春の雨
1997年7月24日 8cmCD TODT-5003 1 京都ひとり
2 港のエトランゼ

オリジナル・アルバム[編集]

  1. 京都の恋(1970年12月21日)
  2. 南国の夜(1971年)
  3. さいはて慕情(1971年)
  4. 渚ゆう子 沖縄民謡を唄う(1972年)
  5. にほんの詩情(1972年12月20日)
  6. 京おんな 渚ゆう子京都を唄う(1973年)

ライブ・アルバム[編集]

  1. 渚ゆう子 リサイタル(1971年11月5日)
  2. 渚ゆう子オン・ステージ(1972年)
    • 2枚組。1971年3月5・6日、日比谷公会堂にて収録。
  3. ナイトクラブの渚ゆう子(1973年10月5日)
  4. ラスベガスの渚ゆう子(1974年)

ベスト・アルバム[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1971年(昭和46年)/第22回 京都慕情 19/25 千昌夫
1972年(昭和47年)/第23回 2 風の日のバラード 04/23 にしきのあきら
注意点
  • 出演順は「出演順/出場者数」で表す。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e “【1970年10月】京都の恋/大ヒットで結婚できなくなった渚ゆう子 38年後に…”. Sponichi Annex. (2011年10月5日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/yomimono/music/anokoro/10/kiji/K20111005001756060.html 2016年5月9日閲覧。 
  2. ^ 音楽CD検定公式ガイドブック(下)』音楽出版社〈CDジャーナルムック〉、2007年、171頁。
  3. ^ 第13回 日本レコード大賞”. 日本作曲家協会. 2016年11月12日閲覧。
  4. ^ 第22回紅白歌合戦”. NHK紅白歌合戦ヒストリー. NHK. 2016年5月9日閲覧。
  5. ^ 第23回紅白歌合戦”. NHK紅白歌合戦ヒストリー. NHK. 2016年5月9日閲覧。
  6. ^ 奥村チヨ、渚ゆう子、黛ジュン シングル盤71タイトルをMEG-CDにて復刻”. ドリームニュース (2011年6月9日). 2016年11月12日閲覧。
  7. ^ 渚ゆう子 - アーティスト個別ページ”. MEG-CD. 2016年11月12日閲覧。
  8. ^ 佐々木敢一和田弘とマヒナスターズ)とのデュエット。
  9. ^ TBS系テレビドラマ「花のいのち」主題歌。

関連項目[編集]