渚 (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スピッツシングル
初出アルバム『インディゴ地平線
B面 旅人
リリース
規格 CDシングル
録音 1996年5月
ジャンル ポップ、ロック
時間
レーベル ポリドール
作詞・作曲 草野正宗
プロデュース 笹路正徳&スピッツ
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1996年9月度月間3位(オリコン)
  • 1996年10月度月間5位(オリコン)
  • 1996年度年間29位(オリコン)
  • 登場回数17回(オリコン)
  • スピッツ シングル 年表
    チェリー
    (1996年)

    (1996年)
    スカーレット
    1997年
    ミュージックビデオ
    「渚」 - YouTube
    収録アルバムインディゴ地平線
    インディゴ地平線
    (3)

    (4)
    ハヤテ
    (5)
    テンプレートを表示

    」(なぎさ)は、日本ロックバンドスピッツの楽曲で、通算14作目のシングル1996年9月9日ポリドールより発売。

    概要[編集]

    江崎グリコポッキー坂恋物語」、スバルフォレスター」CMソング。スピッツのシングルとしては初めて、オリコン初登場1位を獲得[2][3]

    草野がシーケンスで遊びながら出来上がったという曲。一番でベースがほとんど入らないのは、草野が作ったデモテープのアレンジに従ったもの。なお、シングルではカットされているが、アルバム『インディゴ地平線』ではシーケンスのみで始まるイントロがある。

    歌詞は、草野が武蔵野美術大学在学時に、生物学を教えていた国井喜章が「渚は陸海空のどれでもなく、しかしその全てが関係しているエリア」と語っていたことがヒントとなった。つまり、リゾート的ではない、神秘的な空間としての渚をイメージしている。

    草野はインタビューで本作を自画自賛し、「シングル曲としては初めてトラックダウン後も繰り返し何度も聴き直した曲」と語っている。

    仮タイトルは「七夕」であり、当初は発売日も7月7日の予定だった。この頃は、ゾロ目の日に曲を発売することにこだわっており、前年のシングル「涙がキラリ☆」はゾロ目の日の発売(7月7日)だった。本作の発売は延期となり、代わりにこの日には「チェリー/空も飛べるはず」のアナログEPを発売。最終的には9月9日とゾロ目の日の発売となった。

    2017年4月6日にNexToneが主催する「NexTone Award 2017」で「渚」がGold Medalを受賞した。

    収録曲[編集]

    全曲 作詞・作曲/草野正宗 編曲/笹路正徳 & スピッツ

    1. 収録アルバム:『インディゴ地平線』、『RECYCLE Greatest Hits of SPITZ』、『CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection
    2. 旅人
      収録アルバム:『花鳥風月

    限定7インチシングル[編集]

    スピッツシングル
    B面 スカーレット
    リリース
    規格 EP(7インチ 45r.p.m.)
    ジャンル ポップ、ロック
    レーベル ポリドール
    作詞・作曲 草野正宗
    チャート最高順位
    スピッツ シングル 年表
    チェリー
    (1996年)

    (1997年)
    テンプレートを表示

    アナログ盤「ロビンソン」(B面は「涙がキラリ☆」)、「チェリー」(B面は「空も飛べるはず」)に続き、ヒット曲をカップリングしたEPシリーズ“GOLDEN HIT SERIES”の三作目として、1997年8月8日に、アナログ盤(7インチシングル)として限定発売された。B面には同年1月29日に発売された「スカーレット」を収録。

    この年はスピッツのそれまでのアルバムがアナログ化され、1月1日から7月7日まで、それぞれゾロ目の日に7か月連続で発売されていたが、8月8日には本作が発売されたため、8か月連続でアナログ盤が発売されたことになる。

    スピッツのアナログ盤のシングルとしては、初めてオリコンシングルチャートで100位以内に入った作品である。

    収録曲[編集]

    A面
    B面 スカーレット

    カバー[編集]

    [編集]

    旅人[編集]

    スピッツが演奏するオリジナルカラオケを使用したため、ケリー・チャン・ウィズ・スピッツとクレジット。金城武主演、ケリー・チャンの出演の映画『天涯海角(世界の涯てに)』の劇中挿入歌となった。

    脚注[編集]

    1. ^ RIAJ 2016年8月度
    2. ^ 若者にも楽曲が浸透……スピッツに再評価の声”. ORICON STYLE (2016年3月3日). 2016年3月7日閲覧。
    3. ^ スピッツ“渚”がSUBARU『フォレスター』CMソングに”. RO69 (2015年11月16日). 2016年3月7日閲覧。

    関連項目[編集]