渡会伸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

渡会 伸(わたらい しん、1918年12月13日 - 2001年5月28日)は日本映画録音技師秋田県大館市出身。

経歴[編集]

1938年東宝撮影所の録音助手として入社。東宝争議の際には人生労働組合の委員長を務めた。1957年より録音技師となり、岡本喜八独立愚連隊シリーズや暗黒街シリーズにつく。『太平洋の翼』『日本のいちばん長い日』『激動の昭和史 軍閥』『トラ・トラ・トラ!』など戦争映画も多く手がけた。

2001年4月に行なわれた黒澤版『トラ・トラ・トラ!』スタッフ座談会では、黒澤明降板前後の事情について詳しく証言している[1]

主要作[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 野上照代責任編集『黒澤明 天才の苦悩と創造』(キネマ旬報社、2001年) ISBN 4-87376-577-3

参考文献[編集]

  • 「サウンド・トラックに生きて――渡会伸さん」学習の友334号36-37頁(学習の友社,1981)
  • 「赤ひげにおける録音技術 〜渡会伸録音技師を囲んで〜」黒沢明研究会誌11号(黒沢明研究会,1992)
  • 「第5章 録音・渡会伸」塩澤幸登『Kurosawa : 黒澤明と黒澤組、その映画的記憶、映画創造の記録 : 演出・録音・記録編』(茉莉花社,2005) ISBN 4309906273