渡辺ぎ修

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
わたなべ ぎしゅう
渡辺 顗修
生誕 日本の旗 日本
出身校 京都大学大学院法学研究科
職業 刑事訴訟法学者
弁護士
団体 甲南大学大学院教授
大阪弁護士会
栄誉 博士(法学)(京都大学)

渡辺 顗修わたなべ・ぎしゅう1953年- )は、日本法学者弁護士甲南大学大学院教授・甲南大学法科大学院長博士(法学)。専門は刑事訴訟法。法律評論家、社会評論家。宗教評論家。元司法試験考査委員(刑事訴訟法)。

人物[編集]

渡辺 修(わたなべ・おさむ)をペンネームとしている。本名は僧籍を持つことに関係し、本人も常に剃髪している。

刑事訴訟にろう者、外国人労働者などに対する法的支援の問題について著書多数。自らも司法NPO当番弁護士制度を支援する会」代表となる等、支援活動のに身を置いている。
神戸学院大学教授時代は「被害者の人権」「加害者の人権」「第三者の一方的価値観による偏見」に関する問題を投げかけ、法律と感情の間に身を置いて考えさせる講義が多かった。甲南大学法科大学院教授となってからは、専門家養成ということもあり、法的解釈と理論構築のセンスを磨くことを第一としている。
「現場主義」の実践を教え、検察審査会について述べたり、自らもオウム真理教事件関連の刑事裁判傍聴や、神戸連続児童殺傷事件の事件現場などにも足を運んでいる。また、都市型公設事務所である弁護士法人大阪パブリック法律事務所の客員弁護士として、多数の刑事事件において自ら刑事弁護人として活動を行っている。なお、司法試験委員時代には、特に口述試験において独創的な問題を出すことで知られた。

経歴[編集]

著書[編集]

  • 被疑者取調べの法的規制(三省堂、1992年5月)ISBN 438531330X
  • 聴覚障害者と刑事手続―公正な手話通訳と刑事弁護のために(ぎょうせい、1992年8月) ISBN 4324034761
  • 捜査と防御(三省堂、1995年3月) ISBN 4385356270
  • 刑事手続の最前線(三省堂、1996年5月) ISBN 4385313741
  • 刑事裁判と防御(日本評論社、1998年5月) ISBN 4535511462
  • 外国人と刑事手続―適正な通訳のために(成文堂、1998年11月) ISBN 4792314917
  • 刑事法入門―刑事裁判の風景(新世社、2000年6月) ISBN 488384014X
  • 司法通訳―Q&Aで学ぶ通訳現場(松柏社、2004年4月) ISBN 4775400568
  • 刑事裁判を考える -21世紀刑事司法の展望-(現代人文社、2006年5月)
  • 刑事訴訟法 第5版 (有斐閣Sシリーズ) 共著 (有斐閣、2013年3月 ISBN 4641159432
  • 基本講義 刑事訴訟法(法律文化社、2014年9月)ISBN 4589036169

所属学会[編集]

  • 日本刑法学会会員
  • 法と言語学会会員理事
  • 大阪弁護士会刑事弁護委員会委員

脚注[編集]