渡辺やよい (女優)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
わたなべ やよい
渡辺 やよい
本名 蔵間 弥生 (くらま やよい)
旧姓は渡辺
生年月日 (1952-08-24) 1952年8月24日(66歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ
著名な家族 蔵間龍也(夫)
主な作品
映画新・ハレンチ学園

渡辺 やよい(わたなべ やよい、1952年8月24日 - )は、日本女優東京都北区出身。本名は蔵間 弥生(くらま やよい)、旧姓は渡辺

来歴・人物[編集]

小学生の頃から東映児童演劇研修所に所属。1971年映画新・ハレンチ学園』の十兵衛役で初主演千葉真一主演作品での助演や、東映ポルノ映画、アクション映画、テレビドラマなどに出演。ヌードも厭わず細身の体ながら豊満な乳房を披露し、雑誌にもヌードグラビアが掲載された。

鈴木則文も渡辺のことを「演技力も確かで性格も良く、明るい笑顔が魅力。日本的な小柄の体型だが、トランジスターグラマー」と評してる[1]。1972年の『徳川セックス禁止令 色情大名』で主演予定の池玲子が断ったことから鈴木は渡辺を代役に起用するつもりだったが[2]、脚本を共作した掛札昌裕や企画の天尾完次から杉本美樹を推され、意外性を優先する形で渡辺を諦めた[3]。その後も鈴木は渡辺を重要な助演女優として使い続け、東京撮影所で異才監督として売り出し始めた伊藤俊也にも厚遇された。

1979年関取蔵間結婚し、女優を引退した。私生活では一男一女に恵まれ、充実した日々を過ごしていたが蔵間が1995年に死去すると、夫婦生活を綴った自書伝「永遠の千秋楽 十六年間、幸せをありがとう」を出版した。同書は翌年に「永遠の千秋楽 蔵間・愛と涙の2500日」のタイトルでドラマ化された。引退後は完全に内助の功に徹し、バラエティ番組『新伍&紳助のあぶない話』(フジテレビ)で家族そろって出演した際も、元東映の同僚として懐かしげな山城新伍に対しても終始口数少なく子供の襟元を直すなど控えめな主婦に徹していた。千葉県市川市で「ちゃんこ蔵間」を経営していたが、閉店している。

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 東芝日曜劇場 栄光の旗 (1965年4月11日、TBS) ※「渡辺弥生」名義
  • 大奥第30話、31話 (1968年、関西テレビ) ※「渡辺弥生」名義
  • NHK劇場 迷子の天使 (1969年1月2日、NHK) ※「渡辺弥生」名義
  • 徳川おんな絵巻 (テレビドラマ) (関西テレビ)
    • 第9話 新入り女中大活躍 (1970年11月28日) ※「渡辺弥生」名義
    • 第10話 女と男の決闘 (1970年12月5日) ※「渡辺弥生」名義
    • 第32話 美しき女教師 (1971年5月8日)
    • 第33話 戦場なでしこ隊 (1971年5月15日)
  • 仮面ライダー 第12話 殺人ヤモゲラス (1971年6月19日、毎日放送) - 白川マチ子 ※「渡辺弥生」名義
  • プレイガール (東京12CH)
    • 第61話 女のすご腕 (1970年6月1日) ※「渡辺弥生」名義
    • 第80話 女をひと皮むいたとき (1970年10月12日) ※「渡辺弥生」名義
    • 第225話 女子高校生・番長殺人事件 (1973年7月23日)
    • 第240話 裸の女にゃトゲがある (1973年11月5日)
    • 第241話 女は裸で七変化 (1973年11月12日)
    • 第267話 あゝわたし貴方に負けそう (1974年5月6日)
    • 第278話 怪談・蝙蝠屋敷の怨霊 (1974年7月29日)
  • 運命峠 (1974年12月18日〜1975年2月26日、関西テレビ) - ささ香 ※レギュラー出演
  • プレイガールQ (1975年3月24日、東京12CH)
  • 影同心 第9話「あぶな絵殺し節」(1975年、MBS) - お光
  • Gメン'75 (TBS)
    • 第13話 バスストップ (1975年8月16日)
    • 第19話 デカ部屋の悪霊 (1975年9月27日)
    • 第63話 拳銃を撃てない警官(1976年7月31日) 
    • 第71話 刑事の女体受託収賄事件 (1976年9月25日) - 中村初恵
    • 第166話 女医の告白 (1978年7月29日)
    • 第199話 土曜日にネズミを殺せ! (1979年3月24日)
  • 大江戸捜査網 (東京12CH)
    • 第221話「十手に賭ける遊女秘話」(1975年12月13日) - たえ
    • 第293話「対決!忍者の掟」(1977年5月21日) - こふく(お香)
    • 第323話「悲しき流転!謎の女」(1978年1月21日) - おしず
    • 第337話「御用金強奪の罠」(1978年4月29日) - おたか
    • 第379話「幻の船を待つ女」(1979年2月17日) - 綾乃/小染・二役
    • 第406話「赤ん坊を狙う暗殺者」(1979年8月25日) - おしの
    • 第445話「夜空に賭けた女の慕情」(1980年6月7日) - おせん
    • 第457話「おんな蟻地獄」(1981年) - 榊原加代
  • 銭形平次 (大川橋蔵) (フジテレビ)
    • 第506話 十一年目の父 (1976年1月28日)
    • 第557話 みそっかすの唄 (1977年1月22日)
  • 遠山の金さん (NET)
    • 第26話 金の大川を追え!! (1976年3月25日)
    • 第57話 ギヤマン飾りの女 (1976年11月4日)
    • 第69話 お白州に小判の雨が降る! (1977年2月3日)
  • 宇宙鉄人キョーダイン (1976年4月2日〜1977年3月11日、毎日放送) - ガブリンクイーン人間態 ※準レギュラー
  • お耳役秘帳 第24話 どうせこの世は怨み花 (1976年9月14日、関西テレビ) - おつう
  • ベルサイユのトラック姐ちゃん 第18話 京都の恋に裸はぬれる (1976年9月10日、NET)
  • 人形佐七捕物帳 (1977年のテレビドラマ) 第4話 過去を見失った男 (1977年4月30日、テレビ朝日)
  • 新五捕物帳 第13話 おはぐろどぶに咲いた花 (1978年1月10日、日本テレビ)
  • 特捜最前線 (テレビ朝日)
    • 第59話 征服のテロリスト達! (1978年5月17日)
    • 第75話 面影・密告してきた女! (1978年9月6日)
    • 第90話 ジングルベルと銃声の街! (1978年12月20日)
  • 西遊記 第26話 あれが天竺大雷音寺だ! (1979年4月1日、日本テレビ) - 玲瓏
  • 半七捕物帳 第7話「唐人飴」(1979年5月15日、テレビ朝日)
  • ザ・スーパーガール 第44話 (1980年1月28日、東京12CH)
  • 日本名作怪談劇場第6話 怪談・利根の渡し 怨念に燃える座頭針 (1979年7月25日、東京12CH)
  • 噂の刑事トミーとマツ 第5話 トミマツ真っ青・女の戦争 (1979年11月14日、TBS)
  • 花よめは16歳 第22話 こんにちは赤ちゃん!? (1980年5月12日、テレビ朝日)
  • 吉宗評判記 暴れん坊将軍 第91話 対決!嵐の甲府城 (1979年12月15日、テレビ朝日)
  • 服部半蔵 影の軍団 第19話 吸血・女の館 (1980年8月5日、関西テレビ)
  • 土曜ワイド劇場 松本清張の小さな旅館 (1981年1月17日、テレビ朝日)
  • 華麗なる追跡 THE CHASER (1989年10月7日、日本テレビ) ※「渡辺弥生」名義

著書[編集]

  • 『永遠の千秋楽 十六年間、幸せをありがとう』
※テレビドラマ『永遠の千秋楽 蔵間・愛と涙の2500日』として放映され、名取裕子が演じた。

脚注[編集]

  1. ^ 「性と権力と法の三題噺」『東映ゲリラ戦記』、59頁。
  2. ^ 「性と権力と法の三題噺」『東映ゲリラ戦記』、58 - 59頁。
  3. ^ 「性と権力と法の三題噺」『東映ゲリラ戦記』、59 - 60頁。

参考文献[編集]

※異なる頁を複数参照をしている出典のみ。出版年順。
  • 鈴木則文 『東映ゲリラ戦記』 筑摩書房、2013年11月25日。ISBN 978-4480818386。

関連項目[編集]