渡辺伸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

渡辺 伸(わたなべ しん 1940年2月20日 - 2002年3月25日)は、日本外交官。元駐アラブ首長国連邦アルジェリア大使

経歴・人物[編集]

山口県出身。都立日比谷高校を経て、1964年(昭和39年)、東京大学教養学部卒業。同年、外務省入省。同期に加藤紘一川島裕法眼健作高島有終(駐ドイツ大使、国際情報局長)、佐藤俊一(駐ベルギー大使、中南米局長)など。

アラビア語研修(エジプトなど)、駐クウェート・サウジアラビア・ハンガリー各公使を経て、1990年(平成2年)9月、イラク軍によるクウェート侵攻を受けて、中東派遣医療団先遣隊長として単身で乗り込む。同年12月、文部省大臣官房審議官、1992年(平成4年)、駐アラブ首長国連邦大使 、1996年(平成8年)、駐アルジェリア大使就任。2001年退官。駐アルジェリア大使時代、重病に掛かるも持ち直し帰国後の2001年7月5日、日本-アルジェリアセンターを設立し代表に就任したが、2002年(平成14年)3月25日死去した[1]

政治家加藤紘一との盟友関係が知られている。

著書[編集]

  • 『アルジェリア 危機の10年:その終焉と再評価』(文芸社

参考文献[編集]

  • 「CD現代日本人名録2000」
  • 大下英治『小説 東大法学部』(広済堂文庫)

脚注[編集]

  1. ^ (日本語) 訃報 渡辺伸日本 - 日本-アルジェリアセンター”. 日本-アルジェリアセンター. 2014年4月23日閲覧。