渡辺勝正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
わたなべ かつまさ
渡辺 勝正
生誕 (1937-02-04) 1937年2月4日(79歳)
日本の旗 日本 山口県山口市
出身校 早稲田大学
職業 大正出版代表取締役社長

渡辺 勝正(わたなべ かつまさ、1937年2月4日 - )は、大正出版株式会社の代表取締役社長。最近は老齢のため車椅子生活をおくっているとされる[要出典]山口県生まれ。鉄道杉原千畝に関する書籍を刊行する一方、山本勘介ノモンハン事件に関する研究を発表。また、杉原千畝の妻の遺言無効確認事件の判決において東京地裁は、同遺言は無効であると判示し、遺言者である千畝の妻は「遺言能力を欠いていた」と事実認定した上で、同遺言を作成することについて提案した人物(首謀者)は渡邉勝正であったことを認定しており[1]、社会的にも注目を集めている。杉原千畝研究での「日本の第一人者」を自称してる[要出典][出典無効][2]。.2012年(平成24年)5月より、季刊誌『せんぽ -- The World of Chiune Sugihara』を刊行。

年表[編集]

  • 2016年11月17日 意識障害などがあり「遺言能力を欠いていた」と認められる杉原千畝の妻に遺言を作成することを長男の嫁らに提案した人物であることを東京地方裁判所に認定されており[3]、社会的に注目が集まる。

著書[編集]

  • 『武田軍師 山本勘介の謎』新人物往来社、1988年 ISBN 4-04015-13-5
  • 『真相・杉原ビザ』 大正出版、2000年 ISBN 4-8117-0309-X
  • 『決断 命のビザ』大正出版、2005年 ISBN 4-8117-0308-1〔本邦初公開の「杉原手記」所収〕
  • 『杉原千畝の悲劇』 大正出版、2006年 ISBN 4-8117-0311-1
  • 『山本勘介の謎を解く』大正出版、2007年 ISBN 978-4811704012

共著[編集]

  • 渡辺勝正、稲垣収、あべさより 学習まんが人物館『杉原千畝 六千人の命を救った外交官』小学館 2001年 ISBN 4-092701-13-6

論文[編集]

  • 「杉原千畝 6000人のユダヤ人を救った外交官 『命のビザ』の決断」(PHP研究所、『歴史街道』2001年3月号)
  • 「讃岐に生まれ、大内氏に仕えた? 文書と伝承から前半生の謎を解く」(PHP研究所『歴史街道』2011年1月号)

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 東京地方裁判所 遺言無効確認事件判決文 2016年11月17日
  2. ^ Webcast Plus [出典無効]
  3. ^ 東京地方裁判所 関根規夫裁判官 2016年11月17日

関連項目[編集]

  1. ^ 遺言無効確認事件判決 東京地方裁判所
  2. ^ 世界記憶遺産に申請、杉原千畝「命のビザ」手記に改竄疑惑 週刊新潮2016年11月10日神帰月増大号 掲載
  3. ^ 世界記憶遺産「杉原千畝」骨肉訴訟に勝った四男の独白 週刊新潮 2016年12月1日