渡辺勝 (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
渡辺 勝
中日ドラゴンズ #31
Doragons watanabemasaru 20160812.jpg
育成選手時代
(2016年8月12日 阪神鳴尾浜球場にて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県横浜市港南区
生年月日 (1993-10-14) 1993年10月14日(27歳)
身長
体重
172 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2015年 育成選手ドラフト6位
初出場 2019年3月29日
年俸 680万円(2021年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

渡辺 勝(わたなべ まさる、1993年10月14日 - )は、神奈川県横浜市港南区出身のプロ野球選手外野手)。右投左打。中日ドラゴンズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

横浜市立丸山台中学校時代は戸塚シニアに所属し、荒川博が主宰する「荒川道場」で打撃指導を受けた[2]

東海大相模高校に進学後は、1年秋から1番で活躍。1学年先輩のエース一二三慎太大城卓三らを擁して、第82回選抜高等学校野球大会第92回全国高等学校野球選手権大会に出場。特に第92回全国高等学校野球選手権大会では打率.429をマークし、準優勝に貢献。決勝戦の興南高校戦では島袋洋奨からも2安打を放っている[3]。翌年の第83回選抜高等学校野球大会にも出場し、1番打者として打率.417と活躍。決勝では三好匠髙城俊人擁する九州国際大付属高校と対戦し、三好から3安打を放ち優勝に貢献した[4]。3年の夏は神奈川県大会5回戦で乙坂智近藤健介柳裕也ら擁する横浜高校に敗れた。甲子園通算11試合、打率.408、49打数20安打7打点。同期には菅野剛士、大学でもプレーする田中俊太がいる。

東海大学に進学後、1年秋から試合に出場し、14年秋と15年春はベストナインを獲得。特に15年秋は打率.391を記録し、首都大学リーグMVPにも輝いた[5]。3年時の全日本大学野球選手権大会では優勝。野球部には同期に中川皓太吉田侑樹がいる。

10月22日に行われたドラフト会議中日ドラゴンズに育成6巡目で指名され、支度金200万円、年俸300万円で合意した。背番号212

中日時代[編集]

2016年は、二軍公式戦において64試合に出場し、1本塁打、21打点、8盗塁、打率.275の成績を残す[6]

2017年は、二軍公式戦において67試合に出場し、3本塁打、16打点、3盗塁、打率.228の成績だった[7]。10月9日から宮崎県で開催されたみやざきフェニックス・リーグにおいて、打率.324、5盗塁の好成績を挙げる[8]。11月25日から台湾で開催される2017アジアウインターベースボールリーグにおいて、NPBウエスタン選抜に選出される[9]

2018年は、シーズン終了後の11月18日に、球団より支配下選手として契約したことが発表された[10]。背番号は31

2019年は、初の開幕一軍入りとなり、プロ初安打を含む4安打を記録した。

2020年は、前年に続き開幕一軍入りを達成するも、不振に陥り結果が出なかったため登録を抹消された。その後は、二軍で調子を取り戻しウエスタン・リーグ首位打者に躍り出る活躍を見せた事が買われ、9月下旬に平田良介が故障離脱した際に入れ替わりで一軍へ再昇格した[11]。しかし、翌月に体幹のコンディショニング不良を発症したため自身も戦線を離脱し[12]、そのままシーズンを終えた。最終的に一軍では打率.200という結果だったが、二軍では規定打席未到達ながら打率.392、OPS.993という高水準の成績を残した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2019 中日 27 29 27 3 4 2 0 0 6 2 1 0 0 1 1 0 0 11 0 .148 .172 .222 .395
2020 19 16 15 6 3 0 0 0 3 0 0 0 0 0 1 0 0 6 0 .200 .250 .200 .450
通算:2年 46 45 42 9 7 2 0 0 9 2 1 0 0 1 2 0 0 17 0 .167 .200 .214 .414
  • 2020年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



外野












2019 中日 9 3 0 0 0 1.000
2020 10 5 0 0 0 1.000
通算 19 8 0 0 0 1.000
  • 2020年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 212 (2016年 - 2018年)
  • 31 (2019年 - )

代表歴[編集]

登場曲[編集]

  • 「Beautiful」CREAM(2019年 - )

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 中日 - 契約更改 - プロ野球. 日刊スポーツ. 2020年12月1日閲覧。
  2. ^ 荒川博氏が“最後の弟子”渡辺勝に遺した言葉「ダメになった時が成長する時」 - スポーツニッポン、2016年12月29日
  3. ^ “東海大相模-興南”. http://www.sanspo.com/high-baseball/koshien92/score/kekka100821_1.html 
  4. ^ “東海大相模-九州国際大付”. http://www.sanspo.com/high-baseball/senbatsu83/score/kekka110403_1.html 
  5. ^ 中日育成ドラ6渡辺は名刺1枚で割り箸10本切る男 日刊スポーツ 2015年10月24日配信
  6. ^ 2016年度 中日ドラゴンズ 個人打撃成績(ウエスタン・リーグ)”. NPB.jp. 2017年11月21日閲覧。
  7. ^ 2017年度 中日ドラゴンズ 個人打撃成績(ウエスタン・リーグ)”. NPB.jp. 2017年11月21日閲覧。
  8. ^ 育成・渡辺、走れる男に成長中 打率3割2分4厘!5盗塁”. 中日スポーツ (2017年10月29日). 2017年11月21日閲覧。
  9. ^ a b 2017アジアウインターベースボールリーグ(AWB)NPBメンバー一覧”. NPB.jp (2017年11月17日). 2017年11月21日閲覧。
  10. ^ 中日ドラゴンズ 公式サイト - ドラゴンズニュース 契約更改のお知らせ”. 中日ドラゴンズ. 2018年11月18日閲覧。
  11. ^ “中日・平田が登録抹消 代わって2軍首位打者・渡辺が1軍登録…前日途中交代、ストレッチに加わらず”. 中日スポーツ. (2020年9月26日). https://www.chunichi.co.jp/amp/article/127281 2021年1月9日閲覧。 
  12. ^ “中日・渡辺が登録抹消 7日に体幹の状態不良を発症”. 中日スポーツ. (2020年10月8日). https://www.chunichi.co.jp/amp/article/134005 2021年1月9日閲覧。 

関連項目[編集]