渡辺和行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

渡辺 和行(わたなべ かずゆき、1952年 - )は、日本の政治学者歴史学者。専門はフランス現代史。奈良女子大学文学部教授

来歴[編集]

岐阜県生まれ。京都大学法学部卒業、同大学院法学研究科博士後期課程単位取得満期退学。香川大学法学部教授を経て現職。2002年、京都大学博士(法学)。論文は「フランス人とスペイン内戦 : 不干渉と宥和 」[1]

著作[編集]

単著[編集]

  • 『ナチ占領下のフランス――沈黙・抵抗・協力』(講談社選書メチエ、1994年)
  • 『ホロコーストのフランス――歴史と記憶』(人文書院、1998年)
  • 『フランス人とスペイン内戦――不干渉と宥和』(ミネルヴァ書房、2003年)
  • 『エトランジェのフランス史――国民・移民・外国人』(山川出版社、2007年)
  • 『近代フランスの歴史学と歴史家――クリオとナショナリズム』(ミネルヴァ書房、2009年)
  • 『ド・ゴール』(山川出版社「世界史リブレット」、2013年) 
  • 『フランス人民戦線 反ファシズム・反恐慌・文化革命』(人文書院、2013年)
  • 『ドゴールと自由フランス 主権回復のレジスタンス』(昭和堂、2017年)

共著[編集]

  • (南充彦・森本哲郎)『現代フランス政治史』(ナカニシヤ出版, 1997年)
  • (橋本伸也・藤井泰・進藤修一・安原義仁)『近代ヨーロッパの探究(4)エリート教育』(ミネルヴァ書房, 2001年)

共編著[編集]

  • 谷川稔)『近代フランスの歴史――国民国家形成の彼方に』(ミネルヴァ書房, 2006年)

訳書[編集]

  • ロバート・O・パクストン『ヴィシー時代のフランス――対独協力と国民革命 1940-1944』(柏書房, 2004年)

参考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース